バティモン5 望まれざる者

ばてぃもんふぁいぶのぞまれざるもの BATIMENT 5
上映日
2024年5月24日

製作国
フランス ベルギー

制作年
2023
上映時間
105分

レーティング
一般映画
ジャンル
社会派 ドラマ

check解説

パリ郊外を舞台に行政と住民たちの対立を描いた社会派ドラマ。労働者階級の移民家族が多く暮らすエリアの一画・バティモン5では、臨時市長ピエールにより老朽化した団地の取り壊し計画が進められていた。だが、その横暴なやり方に住民たちは猛反発する。監督は「レ・ミゼラブル」でパリ郊外の犯罪多発地区モンフェルメイユを舞台に、警察と少年たちとの抗争を描き、第72回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞したラジ・リ。横浜フランス映画祭2024上映作品。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 文筆業
    奈々村久生
    移民が暮らす集合住宅の一室で人が亡くなり、大勢の手に担がれた棺が、狭い通路や階段に阻まれながら外に運び出される。その過程でこの居住区の状況や問題が一目瞭然になる... もっと見る
  • アダルトビデオ監督
    二村ヒトシ
    同月公開の「ミセス・クルナスvsジョージ・W・ブッシュ」と同じく、人種や経済格差の前でまったく公平ではない「民主」政治や無関心な世間から、排除され、軽くあつかわ... もっと見る
  • 映画評論家
    真魚八重子
    団地の取り壊しの場面から始まるのは象徴的だ。そして新市長が移民や貧困層の切り捨てに急進的な姿勢を見せるのが、日本と似ている。ラジ・リは前作の「レ・ミゼラブル」で... もっと見る

「バティモン5 望まれざる者」のストーリー

パリ郊外(バンリュー)に立ち並ぶいくつもの団地には、労働者階級の移民家族たちが多く暮らしている。このエリアの一画、バティモン5では再開発のため、老朽化が進んだ団地の取り壊し計画が進められていた。そんななか、前任者の急逝で臨時市長となったピエール(アレクシス・マネンティ)は、自身の信念のもと、バティモン5の復興と治安を改善する政策を強行する。しかしその横暴なやり方は、住民たちの猛反発を受ける。やがて、これまで移民たちに寄り添い、ケアスタッフとして長年働いてきたアビー(アンタ・ディアウ)たちを中心とした住民側と、市長を中心とした行政側が、ある事件をきっかけに衝突し、激しい抗争へと発展していく……。

「バティモン5 望まれざる者」の映像

「バティモン5 望まれざる者」の写真

「バティモン5 望まれざる者」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「バティモン5 望まれざる者」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派 ドラマ
製作国 フランス ベルギー
製作年 2023
公開年月日 2024年5月24日
上映時間 105分
製作会社 Srab Films=Lyly Films=France 2 Cinema=Panache Productions=La Compagnie Cinematographique
配給 STAR CHANNEL MOVIES
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト https://block5-movie.com/
コピーライト (C)SRAB FILMS - LYLY FILMS - FRANCE 2 CINEMA - PANACHE PRODUCTIONS - LA COMPAGNIE CINEMATOGRAPHIQUE - 2023