テリーサ・パーマー テリーサパーマー

テリーサ・パーマーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ライド・ライク・ア・ガール

    制作年: 2019
    実在の女性騎手ミシェル・ペインの半生を映画化。10人兄弟の末娘として生まれたミシェルは、生後半年のころに交通事故で母を亡くす。調教師の父をはじめ兄弟のほとんどが騎手という一家で、ミシェルも騎手としてデビューするが、落馬で大怪我に見舞われる。出演は、「ハクソー・リッジ」のテリーサ・パーマー、「ジュラシック・パーク」シリーズのサム・ニール。「ミュリエルの結婚」の女優レイチェル・グリフィスによる初長編映画監督作品。
  • ベルリン・シンドローム

    制作年: 2016
    第33回サンダンス映画祭ワールド・シネマ(ドラマ)部門に正式出品されたサスペンス。オーストラリア人の女性カメラマン、クレアは、ベルリンを旅行中にアンディと名乗る男と出会い、彼の部屋に泊まる。しかし、その日からクレアは部屋に監禁されてしまう。出演は、「ハクソー・リッジ」のテリーサ・パーマー、「THE WAVE ウェイヴ」のマックス・リーメルト。監督は、「さよなら、アドルフ」のケイト・ショートランド。
    68
  • ハクソー・リッジ

    制作年: 2016
    メル・ギブソンが「アポカリプト」以来10年ぶりに監督、良心的兵役拒否者として名誉勲章を受けたデズモンド・ドスをモデルにした戦争ドラマ。武器を手にしないと誓った衛生兵デズモンドは激戦地ハクソー・リッジに赴き、銃弾が降り注ぐ中多くの命を助ける。のこぎりで切断したような断崖がそびえアメリカ軍と日本軍が激しく衝突した沖縄・前田高地(ハクソー・リッジ)で、味方が撤退しても信念を曲げず丸腰のまま負傷者を救出したデズモンドを「沈黙 -サイレンス-」のアンドリュー・ガーフィールドが演じたほか、「タイタンの戦い」のサム・ワーシントン、「マトリックス」シリーズのヒューゴ・ウィーヴィングらが出演。第89回アカデミー賞で編集賞・録音賞を受賞。
    80
  • 聖杯たちの騎士

    制作年: 2015
    「ツリー・オブ・ライフ」など詩的な映像を紡いできたテレンス・マリック監督のもと、名だたる俳優が集結したドラマ。ハリウッドで成功をおさめながら虚無感を抱え続ける脚本家リック。巡り合った6人の女たちとの愛の記憶をたどり、過去と向き合っていく。脚本家を「ダークナイト」シリーズのクリスチャン・ベイルが、彼を取り巻く女たちを「キャロル」のケイト・ブランシェット、「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンらが演じる。また、「ゼロ・グラビティ」「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」「レヴェナント: 蘇えりし者」で3年連続アカデミー賞を獲得したエマニュエル・ルベツキが撮影監督として参加。テレンス・マリック監督とは4度目のタッグとなる。
    50
  • ライト/オフ

    制作年: 2016
    「ソウ」「死霊館」のジェイムズ・ワンがプロデュースを務めたホラー。暗闇に現れる不気味な何かに怯える弟を守るため、久しぶりに実家に戻ったレベッカ。沢山のライトを準備して、一晩を過ごす決心をした彼女だったが、ひとつまたひとつと電気が消えていき……。出演は「X-ミッション」のテリーサ・パーマー、「アナベル 死霊館の人形」のガブリエル・ベイトマン、「赤ずきん」のビリー・バーク、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のマリア・ベロ。脚本を「ハリケーンアワー」のエリック・ハイセラーが担当。監督は新鋭デヴィッド・F・サンドバーグ。
    70
  • きみがくれた物語

    制作年: 2016
    「きみに読む物語」などの人気作家ニコラス・スパークスのミリオンセラー小説を映画化。ノースカロライナの小さな海沿いの町で偶然出逢い、恋に落ちたトラヴィスとギャビー。永遠の愛を誓い二人の子供を授かった夫婦の前に、あまりにも過酷な運命が立ちはだかる。監督は「ロスト・イン・トランスレーション」や「マリー・アントワネット」の製作を務めたロス・カッツ。出演は「白鯨との闘い」のベンジャミン・ウォーカー、「X-ミッション」のテリーサ・パーマー、「96時間』シリーズのマギー・グレイス、「カリフォルニア・ダウン」のアレクサンドラ・ダダリオ、「グローリー 明日への行進」のトム・ウィルキンソン、『ヤング・スーパーマン』のトム・ウェリング。
    70