中田喜子 ナカダヨシコ

  • 出身地:東京都中央区築地の生まれ
  • 生年月日:1953年11月28日

略歴 / Brief history

72年、麹町学園女子高校を卒業。五人姉妹の末子で、三女の姉・良子が宝塚歌劇団の花組に籍を置き、京かおるの芸名で活躍していたことから芸能界に興味をもちはじめ、72年、フジ『お祭り銀次捕物帖』でデビュー。数本のドラマに出演ののち、74年、TBSのポーラテレビ小説『やっちゃば育ち』のヒロイン・タエに抜擢された。いらいテレビはNHKテレビ小説『おはようさん』75、日本テレビ『暖流』76、TBS『岸辺のアルバム』77、『男なら!』『女たちの忠臣蔵』79、NHK『離婚』、フジ『西武スペシャル/スペイン子連れ留学』80がある。また同年、芸術座で『離婚』を同じ役で演じている。ほかに79年4月からはNHK『連想ゲーム』の女性軍キャプテンをつとめた。映画には73年、東京映画「修羅雪姫」(藤田敏八監督)の助演でデビュー。以降、「太陽は泣かない」76、教育映画「泣きながら笑う日」77に出演。79年11月、CM会社日本サン・フィルム社長の山崎英一と結婚。

中田喜子の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 風の色

    制作年: 2016
    「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨンが監督、北海道と東京を舞台に同じ姿の男女二組を描く、日韓合作の幻想的なラブストーリー。亡き恋人とそっくりな女性がいるとの言葉を追い知床に来た男。そこで会った彼女と似た女性は、彼と瓜二つの恋人を亡くしていた。クァク・ジェヨンの原案を基にした、『花いくさ』など映像化が相次ぐ鬼塚忠の同名小説が原作。「L-エル-」の古川雄輝と「向日葵の丘・1983年夏」の藤井武美が一人二役で交錯する二組の男女を演じる。
    70
  • じんじん

    制作年: 2013
    絵本の里として知られる北海道上川郡剣淵町を舞台に、人の心の優しさや家族の絆を描くハートフルドラマ。「ミンボーの女」の大地康雄が企画と主演、「七人のおたく」の山田大樹が監督を務める。共演は「ラヂオの時間」の佐藤B作、「食卓のない家」の中井貴恵、「おこげ」の村田雄浩、「いちげんさん」中田喜子、「リアル鬼ごっこ5」の井上正大。2013年5月18日より、北海道・札幌シネマフロンティア、シアターキノ、シネプレックス旭川にて先行上映。
  • ロストクライム 閃光

    制作年: 2010
    ある殺人事件の捜査に乗り出した若手刑事と老刑事のコンビが、三億円強奪事件の真相に辿り着くクライム・サスペンス。ジャーナリスト出身のノンフィクションライター永瀬隼介の原作を、「プライド 運命の瞬間」の伊藤俊也監督が映画化。出演は、「彼岸島」の渡辺大、「ちゃんと伝える」の奥田瑛二、「御法度」の武田真治。
  • いちげんさん

    制作年: 2000
    京都の四季のうつろいの中に、外国人留学生と盲目の日本人女性の愛と別れを描出するラヴ・ストーリー。監督は『ONCE in TIME』の森本功。第20回すばる文学賞を受賞したデビット・ゾペティによる同名小説を、森本監督が脚色。撮影監督にピーター・ボロッシュがあたっている。主演は、「仮面の男」のエドワード・アタートンと「Lie lie Lie」の鈴木保奈美。第1回京都シネメセナ助成作品。
  • ハラスのいた日々

    制作年: 1989
    子供のいない中年夫婦と小犬との触れ合いを描く。中野孝次原作の同名ノンフィクション小説の映画化で、脚本は「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」の山田洋次と朝間義隆が共同で執筆。監督は「釣りバカ日誌」の栗山富夫、撮影は安田浩助がそれぞれ担当。
  • 華の乱

    制作年: 1988
    大正時代、愛に芸術に社会運動に情熱を燃やした人々の姿を描く。永畑道子原作の小説『華の乱』『夢のかけ橋』の映画化で、脚本は「必殺4 恨みはらします」の深作欣二、「紫式部 源氏物語」の筒井ともみ、「ウェルター」の神波史男が共同で執筆。監督は深作、撮影は「花園の迷宮」の木村大作がそれぞれ担当。