芸術の秋、日比谷で映画三昧の一週間!「日比谷シネマフェスティバル2021」が開催

芸術の秋、日比谷で映画三昧の一週間!「日比谷シネマフェスティバル2021」が開催

芸術の秋、日比谷で映画三昧の一週間!「日比谷シネマフェスティバル2021」が開催

古くから映画の街として歴史を築いてきた日比谷。かつては日劇、日比谷映画、スカラ座といった劇場で数々の名作・ヒット作が上映され、現在もTOHOシネマズ日比谷などたくさんの劇場で映画ファンを楽しませている。今年から東京国際映画祭が日比谷・有楽町・銀座をメイン会場に行われるのも話題だ。

そんな映画の街・日比谷で、この秋、「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2021」(10月22日~10月29日)が開催される。映画の街のイベントにふさわしく、「新しい映画の楽しみ方を提案する体験型の映画祭」として展開。まるで公園のような空間で、くつろぎながら、遊びながら、一味変わった映画鑑賞ができる「Park Cinema(パークシネマ)」、監督のトークセッションも注目の「トロント日本映画祭 in 日比谷」、歴代の「キネマ旬報」誌が展示される「KINEJUN図書館 in 日比谷」と、映画の醍醐味にあふれた企画がずらり。まさに芸術の秋にふさわしい「体験する映画祭」、思い思いの楽しみ方で存分にエンジョイできそうだ。

子どもと一緒に大ヒット作品をオープンエアで楽しめる

日比谷ステップ広場には、遊具とシネマが融合した空間「Park Cinema」が登場。「ゴーストバスターズ」「チャーリーとチョコレート工場」など、子どもごころをくすぐる大ヒット作品が、オープンエアで無料上映される。とびきりの娯楽作ぞろいとあって、幼い頃に見た世代には感動が蘇り、子どもたちはワクワクと胸弾みそう。ウッドチェアで楽しむ特別観覧席に加えて、今年は芝生の上にテーブルとイスおよび遊具を配置した「ファミリー席」を新設、空の下でのびのびと鑑賞できる。これまで映画を長い時間見続けるのは難しくて映画館には足を運べなかったというファミリーも、ひらけたオープンエアでくつろぎながら、新しい映画体験ができそうだ。(特別観覧席、ファミリー席は予約制、一部自由観覧席あり)

世界で注目を集める監督たちのトークセッション

「第3回 トロント日本映画祭 in 日比谷」では、話題の日本映画を英語字幕付きで無料上映。6月にカナダで上映されたラインナップから人気作品がセレクトされている。「宇宙でいちばんあかるい屋根」の藤井道人監督、「私をくいとめて」の大九明子監督、「みをつくし料理帖」の角川春樹監督ら、気鋭の監督たちのトークセッションがおこなわれるのも見どころの一つ(トークセッションはオンラインでも生配信)。世界の注目を集めるフィルムメーカーたちがどんな言葉を聞かせてくれるのか、大いに期待がふくらむ。

創刊102年「キネマ旬報」がずらり

「KINEJUN図書館 in 日比谷」は、歴代の「キネマ旬報」が東京ミッドタウン日比谷にやってくる。昨年はパネル展示が大好評だったが、今回は2021年に創刊102年を迎えた「キネマ旬報」誌がずらりと展示される。時代を物語る表紙が並んだ光景は、胸ときめくカバーストーリーの世界。一斉を風靡したスター、時を超えて愛される名作映画の表紙を見ながら、映画の歴史に浸るひと時を過ごせそうだ。

映画の街・日比谷で、映画の過去・現在・未来をいきいきと感じることができそうな、とびっきりのシネマフェスティバル。都心の真ん中で、素敵な映画時間を思いっきり満喫したい。

「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2021」

期間:2021年10月22日(金)~10月29日(金)
入場:無料 <屋外映画特別観覧席、ファミリー席は予約制(一部自由観覧席あり)>
イベントの詳細・予約はこちら
URL:https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/hibiya-cinema-festival/

主催:東京ミッドタウン日比谷/一般社団法人日比谷エリアマネジメント
後援:在日カナダ商工会議所
協力:株式会社コトブキ/TOHOシネマズ株式会社/トロント日系文化会館/株式会社キネマ旬報社

※イベントは、新型コロナウイルス感染症の感染状況に鑑み、企画の内容等を変更、または開催を中止する場合があります。最新の状況はイベント特設サイトでご確認ください。

特集記事カテゴリの最新記事