ジョー・カーナハン監督 × ジェラルド・バトラー主演「炎のデス・ポリス」

ジョー・カーナハン監督 × ジェラルド・バトラー主演「炎のデス・ポリス」

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」のジョー・カーナハン監督がジェラルド・バトラー主演で描くバイオレンス・アクション「炎のデス・ポリス」が、7月15日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかで全国公開。場面写真が到着した。

 

 

砂漠の小さな警察署。夜勤の警官らがのほほんとルーティンワークをこなす中、手練れの詐欺師、冷酷な殺し屋、サイコパスの殺人鬼という悪党3人が集結する。そこへ射撃に長けた新人女性警官が加わり、法もモラルも通用しない“四つ巴”のサバイバル・バトルが巻き起こる!

冷酷な殺し屋ボブを演じるのは、「300〈スリーハンドレッド〉」「ジオストーム」などでおなじみジェラルド・バトラー。手練れの詐欺師テディ役は、マーベル・シネマティック・ユニバースのブラック・ラムロウ/クロスボーンズ役で知られるフランク・グリロ。サイコパスの殺人鬼アンソニー役は「ゴースト・バスターズ」(16)「ハロウィン」(18)のトビー・ハス。そして紅一点、小柄で華奢ながら見事なガンプレイを披露する新米警官ヴァレリー役は「ハリエット」の若手女優アレクシス・ラウダー。

ほぼ署内ワン・シチュエーションのひねりを効かせたプロット、ゲスなキャラクター、銃撃あり炎上ありのバトル、さらにどんでん返しで観る者を熱くするクライム・エンタテインメントだ。

 

      

 

Story

砂漠の警察署にある夜、暴力沙汰を起こした詐欺師テディが連行される。マフィアのボスに命を狙われ、避難場所を求めてわざと逮捕されたのだ。しかしマフィアに雇われたスゴ腕の殺し屋ボブが泥酔男に成りすまして留置所のお向かいさんとなったから、さぁ大変。新人警官ヴァレリーの活躍によってボブのテディ抹殺計画は阻止されるが、マフィアが放った新たな刺客、サイコパスのアンソニーが現れて署員を皆殺しにし、小さな警察署は戦場のような大惨事に……。孤立無援のヴァレリーと裏社会の男3人、殺し合いを生き抜いて朝を迎えるのは誰だ!?

 

「炎のデス・ポリス」

監督:ジョー・カーナハン
脚本:クルト・マクラウド、ジョー・カーナハン
出演:ジェラルド・バトラー、フランク・グリロ、アレクシス・ラウダー、トビー・ハス
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ
原題:COP SHOP/2021年/アメリカ/英語/107分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/日本語字幕:橋本裕充/PG12
©2021 CS Movie II LLC. All Rights Reserve
公式サイト:copshop-movie.jp #デスポリ

最新映画記事カテゴリの最新記事