ペルーの奇才が放つ “地域映画” の真髄「マタインディオス、聖なる村」、予告編が完成

ペルーの奇才が放つ “地域映画” の真髄「マタインディオス、聖なる村」、予告編が完成

ペルーの奇才オスカル・サンチェス・サルダニャ、ロベルト・フルカ・モッタ初長編監督作。先住民の慣習とカトリック信仰が入り混じった生活の中で、アンデスの民衆が抱える苦悩と困惑を詩的に描き出した「マタインディオス、聖なる村」が、6月18日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかで全国順次公開される。予告編が到着した。

 

 

ペルー映画界を牽引する映画運動シネ・レヒオナル(地域映画)の日本初公開作となる「マタインディオス、聖なる村」。2016年にペルー文化庁管轄のDAFO(Direcciíon Audiovisuali,la Fonografía y los Nuevos Medios)シネ・レヒオナル映画コンクールに入賞し、第22回リマ映画祭に出品、2018年のベストペルー映画に選ばれた。

 

 

撮影はオスカル・サンチェス監督の故郷であるリマ県山岳部のワンガスカルで行われ、司祭役の俳優以外は同地の村人たちが演じている。監督たちは村人たちと共に過ごし、対話し、笑い、不満を言い合い、酒を飲み、時には亡くなった方の埋葬に参加しながら信頼関係を築いていった。そのため、ペルー山岳部の慣習とカトリック信仰が入り混じった価値観がありありと描き出され、ドキュメンタリー性を内包した物語となった。さらに、ハンガリーの巨匠タル・ベーラに影響を受けたと監督が公言する、モノクロ風の映像が詩的効果を生んでいる。

 

               

 

ペルーのシネ・レヒオナル(地域映画)とは?

ペルーの首都リマ以外の地域で、そこを拠点とする映画作家やプロダクションによって制作される映画を指す。 娯楽的なジャンル映画から作家性の強いアート映画までタイプは様々だが、いずれも地域独自の文化や習慣を織り込み、都市圏一極集中ではない多元的なぺルー映画を構成している。

Story

ペルーの山岳部。4人の村人が守護聖人を称える祭礼を計画する。聖人を喜ばせることで、長年の喪を終わらせてくれると信じていた。しかし、予期せぬ出来事により、自身の信仰と、聖人による庇護の力に疑問を抱くことに……。

 

「マタインディオス、聖なる村」

出演:カルロス・ソラノ、ナタリー・アウレス、グリセリオ・レイノソ、ホセ・ビバス、ファウスティナ・サンチェス
監督・脚本:オスカル・サンチェス・サルダニャ、ロベルト・フルカ・モッタ
撮影:マルコ・アラウコ
美術:カルロス・プリド
配給:ブエナワイカ 後援:ペルー大使館 協力:日本ペルー協会
2018/ペルー/ケチュア語・スペイン語/77分/原題:MATAINDIOS
© LA TROPILLA DE OBRAJEROS EIRL

最新映画記事カテゴリの最新記事