松岡茉優と古川琴音も出演。理想と現実の狭間でもがく⻘春群像劇「スクロール」

松岡茉優と古川琴音も出演。理想と現実の狭間でもがく⻘春群像劇「スクロール」

YOASOBIのヒット曲『ハルジオン』の原作者としても知られる橋爪駿輝の小説を、北村匠海と中川大志のW主演で映画化した鈍色の⻘春群像劇「スクロール」が、2023年に全国公開。第2弾キャストで松岡茉優と古川琴音が発表され、両者のコメントが到着した。

 

 

学生時代に友人同士だった〈僕〉(北村匠海)とユウスケ(中川大志)のもとに、同じく友人の森が自殺したという報せが届く。就職はしたものの上司にすべてを否定され、「この社会で夢など見てはいけない」とSNSに思いをアップすることで何とか自分を保っていた〈僕〉と、毎日が楽しければそれでいいと刹那的に生きてきたユウスケ。森の死をきっかけに“生きること・愛すること”を見つめ直す2人に、〈僕〉の書き込みに共鳴して特別な自分になりたいと願う〈私〉と、ユウスケとの結婚がからっぽな心を満たしてくれると信じる菜穂の時間が交錯していく。青春の出口に立った4人が見つけた、きらめく明日への入口とは──?

 

このたび菜穂を松岡茉優、〈私〉を古川琴音が演じることが明かされた。両者のコメントは以下。

松岡茉優
菜穂を演じさせて頂きました。松岡茉優です。
短い期間の撮影でしたが、
北村匠海さん、中川大志さんをはじめ
現場のスタッフ、キャストの集中力は今でも思い出すほどに
鮮明に記憶に残ります。
ほとんどのシーンがワンカットで進んでいく撮影は
1秒も気を抜けず、緊張感の中でどこか興奮していました。
あの瑞々しい時間がどのように映されているのか、楽しみです。

古川琴音
改めて、自分と周りにいる人たちのことを考えるきっかけになりました。
自分のように近しい人でも見えている世界は違くて、反対に相容れないような人でも同じ世界に生きている。
この作品中、人との関わりにおいて、いつもよりも繊細になっていたように思います。
そんな気持ちを、清水監督やスタッフの皆さん、キャストの皆さんと、時にシェアしながら作っていけたのがとても楽しかったです。
是非多くの方に観て頂きたいと思います。

 

©橋爪駿輝/講談社 ©映画「スクロール」製作委員会
配給:ショウゲート

▶︎ 北村匠海 × 中川大志 W主演。鈍色の⻘春を駆け抜ける群像劇「スクロール」

最新映画記事カテゴリの最新記事