ジャン=ポール・ベルモンド一周忌トークイベント開催。松浦美奈(字幕翻訳家)× 江戸木純(傑作選プロデューサー)

ジャン=ポール・ベルモンド一周忌トークイベント開催。松浦美奈(字幕翻訳家)× 江戸木純(傑作選プロデューサー)

ジャン=ポール・ベルモンドの一周忌となる9月6日(火)、「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選」上映作の新字幕を数多く(20作品中9本)手掛けた松浦美奈さんと、長年交渉を続けて傑作選を実現させた配給プロデューサーの江戸木純さんによる、ベルモンド愛に溢れたトークイベントが新宿武蔵野館で開催された。今年のカンヌ映画祭で追悼上映された、名優ジャン・ギャバンと若きベルモンドの共演作「冬の猿」上映後、16時過ぎより始まった。

 

 

上映中の「ブレット・トレイン」はじめ数々の作品で字幕を手掛ける松浦さんが、傑作選1で「オー!」を観に劇場を訪れた際、江戸木さんとばったり会ってベルモンドの話で盛り上がり、傑作選2から字幕を担当することになったという経緯から話はスタート。

昔はフランスの娯楽映画をはじめ、数々の洋画がテレビ放映されていた。松浦さんもそこでベルモンド映画と出会い、2本立ての名画座で「大頭脳」を見て、目当てだったジュリアーノ・ジェンマ主演作よりも面白くて驚いたという。70年代にはベルモンドが大人気で、お茶の間に浸透していたという話が出ると、江戸木さんが、オンエアがなくなってベルモンド映画を観る機会が失われたので、傑作選への思いが芽生えたと語った。

松浦さんは自身が字幕を手掛けた、ベルモンドがジャン・バルジャンを演じたクロード・ルルーシュ監督作「レ・ミゼラブル」(1995年)が大好きと話すと、江戸木さんが「今回の上映に入れたかったけどできなかった!」と明かし、選外となった名作についても触れられた。

トーク前に上映された「冬の猿」について、松浦さんは「皆さん、この映画の時、ジャン・ギャバンがいくつだったか知っていますか? 58才ですよ!」と名優の貫禄にスポットを当てると、江戸木さんが「ベルモンドは29才だった。あの酔っぱらい方に運動神経や体幹の良さが出ている。この作品の直後にノルマンディー上陸作戦を描いたハリウッド超大作「史上最大の作戦」が公開されるが、当時ノルマンディーがブームだったのかも?」と映画史の小ネタを披露した。

さらに松浦さんが、ベルモンド映画は説明台詞が抑えめで “見せる” 映画が多いこと、「薔薇のスタビスキー」翻訳の際には時代背景や人名などの日本語資料がなく苦労したこと、名脚本家が手掛けたベルモンド映画のフランス語はスラングが少なく美しいことなど、翻訳家ならではの視点で紹介。

また、ベルモンド28才の「勝負をつけろ」は、ベルモンド39才の「ラ・スクムーン」と同じ暗黒街映画の巨匠ジョゼ・ジョヴァンニの原作であり、両作を見比べるのが面白いという傑作選3の楽しみ方が語られた。その後は松浦さんが「ベルモンド映画は、ロングショットでアクションをしっかり撮り、スターだから、必ずベルモンドがアップになる。もうそれで満足」「怪盗二十面相のベルモンドは植木等みたい」、江戸木さんが「パリ警視Jなんか、警視なのに法律破りまくりで、あれはほぼ犯罪者でしょう」「「怪盗二十面相」と「薔薇のスタビスキー」はベルモンドが全編嘘をつきまくる嘘とホラ吹きのスペクタクル」と笑える見どころを示し、盛り上がった。そして最後は、何をやってもベルモンドの演技が上手いからベルモンド映画は全部面白い、との絶賛で締め括られた。

 

 

 

ベルモンド傑作選のファイナルとなる「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3」は、9月2日(金)より新宿武蔵野館などで全国順次開催中。新宿武蔵館ではベルモンドディスプレイの前に献花台が設置され、来場者が作った折り紙の花が飾られている。
公式サイト:https://belmondoisback.com

最新映画記事カテゴリの最新記事