ユダヤ人絶滅政策を決定した会議の全貌とは?「ヒトラーのための虐殺会議」

ユダヤ人絶滅政策を決定した会議の全貌とは?「ヒトラーのための虐殺会議」

1,100万ものユダヤ人抹殺を決定したナチス・ドイツの〈ヴァンゼー会議〉の全貌を描く「ヒトラーのための虐殺会議」が、会議からちょうど81年後の2023月1月20日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかで全国公開される。

 

 

1942年1月20日正午、国家保安部代表のラインハルト・ハイドリヒによりナチス親衛隊員と事務次官らがベルリンのヴァンゼー湖畔にある大邸宅に招かれ、会議が開かれた。議題は「ユダヤ人問題の最終的解決」で、“最終的解決”とはヨーロッパにおける1,100万ものユダヤ人を計画的に駆除、つまり抹殺することを意味するコード名だ。移送、強制収容、強制労働、計画的殺害など各方策は、誰一人として異論を唱えることなくたった90分で議決される──。

すべてのドイツ占領地および同盟国から東ヨーロッパの収容所へのユダヤ人強制送還の始まりとなったヴァンゼー会議を、アドルフ・アイヒマンの議事録に基づき、80年後の2022年に映画化した「ヒトラーのための虐殺会議」。

「ヨーロッパにいる全ユダヤ人の駆逐が、冷静な会話によって議論され決められていく様子を事実に基づいて描こうと思いました」と言うマッティ・ゲショネック監督が、出席者15名がまるでビジネスのように大量虐殺を承認していく異様な光景を描き出す。

 

「ヒトラーのための虐殺会議」

監督:マッティ・ゲショネック
出演:フィリップ・ホフマイヤー、ヨハネス・アルマイヤー、マキシミリアン・ブリュックナー
2022年/ドイツ/112分/ビスタ/5.1ch
原題:Die Wannseekonferenz/英題:THE CONFERENCE/字幕翻訳:吉川美奈子/配給:クロックワークス/G
© 2021 Constantin Television GmbH, ZDF
公式HP:https://klockworx-v.com/conference/

最新映画記事カテゴリの最新記事