修道女の起こした奇蹟は本物か狂言か? ポール・ヴァーホーベン新作「ベネデッタ」

修道女の起こした奇蹟は本物か狂言か? ポール・ヴァーホーベン新作「ベネデッタ」

17世紀に実在した修道女ベネデッタ・カルリーニの数奇な運命を描き、第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品されたポール・ヴァーホーベン監督作「ベネデッタ」が、2023年2月17日(金)より新宿武蔵野館ほかで全国順次公開される。

 

 

幼い頃から聖母マリアやキリストのビジョンを見続け、聖痕が現れてイエスに娶られたと報告し、民衆に聖女と崇められるもやがてレズビアンとして告発されたベネデッタ。その裁判記録『ルネサンス修道女物語―聖と性のミクロストリア』(J.C.ブラウン著/1988刊)を読んで彼女の人物像に魅せられたヴァーホーベンが、挑発的なセクシュアル・サスペンスを撮り上げた。

「おとなの恋の測り方」「エル ELLE」のヴィルジニー・エフィラがベネデッタを演じ、シャーロット・ランプリングが宗教をビジネスとしか捉えていない修道院長役、ランベール・ウィルソンが威嚇的で欲深い教皇大使役、ギリシャの女優ダフネ・パタキアがベネデッタと秘密の関係を深めるバルトロメア役で登場する。

 

ポール・ヴァーホーベン監督のコメント
ベネデッタの物語の独特な性質に惹かれたんだ。17世紀初めにレズビアンの裁判があったこと、裁判の記録や本書のセクシュアリティの描写がとても詳細なことにも感銘を受けた。そしてこの時代、女には何の価値もなく、男に性的喜びを与え、子供を産むだけの存在とみなされていたにもかかわらず、ベネデッタが手段はどうあれ、完全に男が支配する社会で、才能、幻視、狂言、嘘、創造性で登り詰め、本物の権力を手にした女性だったという点だ。私の映画の多くは女性が中心にいる。つまり、ベネデッタは「氷の微笑」「ショーガール」「ブラックブック」「エル ELLE」のヒロインたちの親戚というわけさ。

 

各紙レビュー(抜粋)は以下の通り。

宗教や欲望に関する作品は目新しいものではないかもしれないが、性的および政治的権力の描写によって信じられないほど楽しい作品となった。
──IGN

「ベネデッタ」はこれまでの彼の作品と同じように、主人公である女性のベネデッタが男性の支配する世界で権力を握り、徐々に自分の声を見つけて解放を達成させる物語となっている。
──The Hollywood Reporter

「ベネデッタ」はヴァーホーベンの集大成のように感じた。彼は1つの物語に性と腐敗、壊れたシステム、そして挑発を盛り込み、楽しく観ながらも深く考えさせてくれる作品を作り上げた。
──Roger Ebert

ヴァーホーベンがまたやってくれたなという気持ちだ。恐らく2021年で最も挑発的な作品であり、時代劇及びブラックコメディ、エロティック・スリラーなど様々なジャンルを合わせた作品であった。監督は今回神聖な宗教と冒涜的な性愛を結びつけたのだ。
──Polygon

ポール・ヴァーホーベンは「ショーガール」で描いたものを、信仰深い若い女性を主人公とした奇想天外な修道院映画に作り替えた。
──The Guardian

 

Story
17世紀のペシアの町(現在のイタリア・トスカーナ地方)。幼い頃から聖母マリアと対話して奇蹟を起こす少女とされていたベネデッタは、6歳で出家してテアティノ修道院に入る。純粋無垢なまま成人したベネデッタはある日、修道院に逃げ込んできた若い女性バルトロメアを助ける。様々な心情が絡み合って2人は秘密の関係を深めるが、ベネデッタが聖痕を受け、イエスに娶られたとみなされて新しい修道院長に就任したことで、周囲に波紋が広がる。民衆には聖女と崇められ、ペシアでの権力を手にしたベネデッタだったが、彼女に疑惑と嫉妬の目を向けた修道女の身に耐えがたい悲劇が起きる。そして、ペストの流行にベネデッタを糾弾する教皇大使の来訪が重なり、ペシアの町全体にさらなる混乱が生まれようとしていた……。

 

「ベネデッタ」

監督:ポール・ヴァーホーベン
脚本:デヴィッド・バーク、ポール・ヴァーホーベン
原案:ジュディス・C・ブラウン『ルネサンス修道女物語―聖と性のミクロストリア』
出演:ヴィルジニー・エフィラ、ダフネ・パタキア、シャーロット・ランプリング、ランベール・ウィルソン
2021/フランス・オランダ/131分/R18+/原題:BENEDETTA
配給:クロックワークス
© 2020 SBS PRODUCTIONS – PATHÉ FILMS – FRANCE 2 CINÉMA – FRANCE 3 CINÉMA
HP:https://klockworx-v.com/benedetta/

最新映画記事カテゴリの最新記事