「シュガー&スパイス 風味絶佳」のストーリー

東京、福生。毎日を平凡に過ごしている志郎(柳楽優弥)は、高校を卒業した後、”とりあえず”ガソリンスタンドで働いている。そんな中、志郎の職場に新しいバイトとして乃里子(沢尻エリカ)が入ってきたことで、志郎は感じたことのない感情を抱くようになる。やがて、乃里子と二人で会う回数が多くなり、そして同じ時間を過ごせることだけが幸せと感じるようになる。一方、乃里子も志郎に惹かれ始めていた。ある日、乃里子に頼まれて元カレ・矢野(高岡蒼甫)の所へ行くのについて行ったことがきっかけとなり、志郎は初めて自分の気持ちに気付き、それを口にする。「君が好きだよ」。志郎はそれが初めて「本当の恋」だと感じる。クリスマスが近づいてきた頃、乃里子からある提案をされる。「19になったら、一緒に暮らそう?」そんな幸せの中、矢野が乃里子の前に現れた。「お前は俺じゃなきゃだめなんだ」、そう言う矢野に抵抗しながらも、乃里子は隠していた自分の気持ちに気付き始めるのだった。「新しい恋」と「忘れたはずの恋」のはざまで揺れ動く乃里子。そんな乃里子の微妙な変化に気付き始めた志郎は、ただ、彼女を信じて待つことしかできなかった。