「ラスト・ムービースター」のストーリー

かつて一世を風靡した映画界のスーパースター、ヴィック・エドワーズ(バート・レイノルズ)は、ある映画祭から功労賞受賞の招待状を受け取る。しぶしぶ参加したエドワーズは、騙しに近い名もない映画祭だと知り憤慨するが、そこは彼が生まれ育った街ノックスビルの近くだった。自分が育った家や、大学のフットボールで活躍したスタジアムなどを目にしたエドワーズの脳裏に、過去の思い出がよみがえる……。