釣りバカ日誌

つりばかにっし Free and Easy
上映日
1988年12月24日

製作国
日本

制作年
1988
上映時間
93分

レーティング
一般映画
ジャンル
ドラマ

check解説

釣りキチの会社員と初老の社長とのふれあいを描く。やまさき十三、北見けんいちの同名漫画の映画化で、脚本は「ダウンタウンヒーローズ」の山田洋次と、桃井章が共同で執筆。監督は「愛しのチィパッパ」の栗山富夫、撮影は安田浩肋がそれぞれ担当。
映画館で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】釣りバカ日誌 大漁箱 <DVD-BOX シリーズ全22作品・28枚組>

TVで観る

ユーザーレビュー

「釣りバカ日誌」のストーリー

釣りキチのサラリーマン・浜崎伝助は、ある日高松から東京本社へ転勤を命じられた。伝助が愛妻みち子と共に引っ越したのは北品川の釣り宿の2階だった。伝助を迎えた鈴木建設の営業三課では、なんとなく彼の怠慢病が蔓延してきている。昼に伝助は食堂で社長の鈴木一之助と知り合ったが、お互いに素姓は知らない。二人は意気投合し、釣りに行く約束をした。釣りの日一之助は伝助の家でもてなしを受けた。伝肋もみち子も一之助を孤独であまり裕福ではない老人と錯覚したのだ。一之助は教えてもらった電話番号から伝助が自分の会社の社員であることを知る。ある日、みち子は伝肋の忘れ物を会社へ届けに行き一之助の正体を知った。伝助とみち子は複雑な気持だった。やがてまた転勤の季節になり伝助は高松へ戻ることになった。伝助は車中から一之助に電話を入れて友情を誓うのだった。

「釣りバカ日誌」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「釣りバカ日誌」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 1988
公開年月日 1988年12月24日
上映時間 93分
製作会社 松竹
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2014年3月上旬号 WOWOW×KINEJUN 今月はコレ! 第21回 「釣りバカ日誌」
1988年12月下旬号 グラビア《Comig New Pictures》 〈撮影快調!〉釣りバカ日誌
1989年1月上旬号 戦後復刊1000号特別記念号 撮影ルポ 「釣りバカ日誌」松山ロケ撮影を訪ねて
1989年2月下旬決算特別号 日本映画批評 釣りバカ日誌
日本映画紹介 釣りバカ日誌