ギター弾きの恋

ぎたーひきのこい Sweet And Lowdown
上映日
2001年3月17日

製作国
アメリカ

制作年
1999
上映時間
95分

レーティング
一般映画
ジャンル
ラブロマンス

check解説

ジャズ全盛期のアメリカを舞台にした可笑しく切ないラヴ・ストーリー。監督・脚本・出演は「セレブリティ」のウディ・アレン。製作はジーン・ドゥーマニアン。撮影は「始皇帝暗殺」のチャオ・フェイ。音楽は「世界中がアイ・ラヴ・ユー」のディック・ハイマン。美術は「セレブリティ」のサント・ロカスト。衣裳は「ハイ・フィデリティ」のローラ・カニンガム・バウアー。出演は「キャスティング・ディレクター」のショーン・ペン、「アンダー・ザ・スキン」のサマンサ・モートン、「宮廷料理人ヴァテール」のユマ・サーマン、「13F」のグレッチェン・モル、「オータム・イン・ニューヨーク」のアンソニー・ラパグリアほか。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】ギター弾きの恋 -デジタル・レストア・バージョン-

  • 【DVD】ギター弾きの恋

TVで観る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

  • ミャーノフ大佐

    ウディ・アレンの映画にショーン・ペンとは。
    冒頭、或るギタリストについて、音楽関係者やウディ・アレンのコメントが出てきて、映画に入ってくる。
    自堕落なギター弾きをショーン・ペンが演じる。主人公のキャラクターならショーン・ペンが合っているかな。
    大恐慌時代のアメリアでのジャズメン達を描いていて、ジャズプレイヤーでもあるウディ・アレンが主人公に興味を持ち取り上げたのも、もっともだと思った。
    彼女役のサマンサ・モートンが可愛かった。役柄も良かった。(ウェキの写真は怖すぎ)
    ユマ・サーマンの役柄は、彼女でなくても良かった。
    ラストは、クリント・イーストウッドの「許されざる者」や「ミリオンダラー・ベイビー」みたいな。
    で、ウェキで見ると...。とすると、映画に出てきた音楽関係者も?いやいや、あれは本物でしょ。?

「ギター弾きの恋」のストーリー

1930年代、シカゴ。派手で目立ちたがり屋のエメット・レイ(ショーン・ペン)は、才能あふれるジプシージャズのギタリスト。音楽に身を捧げる一方で、娼婦の元締めをするなど裏社会でも顔のきく破滅的な人生を送っていた。女遊びも激しい彼だったが、ニュージャージーの浜辺でナンパした口のきけない娘ハッティ(サマンサ・モートン)と出会って以来、2人は付き合うようになる。しかし、やがてエメットは上流階級の美女ブランチ(ユマ・サーマン)に惚れ、ハッティと別れてブランチと衝動的に結婚してしまう。だが派手好きな2人の夫婦関係は破局が目に見えており、案の定、ブランチはジャズ・クラブの用心棒アル(アンソニー・ラパグリア)との不倫に溺れてゆく。裏切りと失意の中で空虚な日々を送るエメットは、やっと本心に目覚め、自分に本当に必要だったハッティを求めて再びニュージャージーを訪ねるが、彼女はすでに他の男と結婚していたのだった。

「ギター弾きの恋」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ギター弾きの恋」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1999
公開年月日 2001年3月17日
上映時間 95分
製作会社 ジーン・ドゥーマニアン・プロダクション
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSR

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2001年3月上旬号 新作紹介 ギター弾きの恋
2001年3月下旬号 作品特集 「ギター弾きの恋」 ウディ・アレン監督 インタビュー
作品特集 「ギター弾きの恋」 作品評
作品特集 「ギター弾きの恋」 俳優論1 男優篇
作品特集 「ギター弾きの恋」 ジャンゴ・ラインハルトの伝説
作品特集 「ギター弾きの恋」 俳優論2 女優篇
作品特集 「ギター弾きの恋」 新作情報
2001年4月下旬号 劇場公開映画批評 ギター弾きの恋
2001年5月上旬号 外国映画紹介 ギター弾きの恋

今日は映画何の日?

注目記事