プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング

ぷりてぃぷりんせすつーろいやるうぇでぃんぐ The Princess Diaries 2: Royal Engagement
上映日
2005年2月26日

製作国
アメリカ

制作年
2004
上映時間
113分

レーティング
ジャンル
ラブロマンス

check解説

架空の王国ジェノヴィアを舞台に王女の活躍を描くファンタジック・ラヴ・ストーリーの続編。監督はシリーズ前作に続き、「プリティ・ブライド」のゲーリー・マーシャル。音楽はシリーズ前作や「パッション」のジョン・デブニー。衣裳は「スパイダーマン2」のゲイリー・ジョーンズ。出演はシリーズ前作から引き続きのキャストに、主役のアン・ハサウェイ、「アフタヌーンティーはベッドで」のジュリー・アンドリュース、「プリティ・ブライド」のヘクター・エリゾンド、「54〈フィフティー・フォー〉」のヘザー・マタラーゾ、「プリティ・ブライド」のキャサリン・マーシャル、「みんなのうた」のラリー・ミラー、「白い嵐」のキャロライン・グッドールほか。新キャストに、これが本格的な映画デビューとなるクリス・パイン、カラム・ブルー、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのジョン・リイ=デイヴィスほか。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【BD】プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング

  • 【DVD】プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング

  • 【VHS】プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング 日本語吹替版

  • 【DVD】プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング 特別版

  • 【VHS】プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング

TVで観る

ユーザーレビュー

「プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング」のストーリー

ロサンゼルス在住の冴えない女子高生から、祖国ジェノヴィアのプリンセスへと運命が一変したミア(アン・ハサウェイ)。あれから5年。大学を卒業した彼女は、年末には祖母クラリス(ジュリー・アンドリュース)に代わって女王に即位することになっていた。到着したミアは彼女の21歳を祝う誕生パーティーに出席し、そこで出会った青年ニコラス(クリス・パイン)の魅力に心奪われる。だがそんなミアの前に障害が立ちはだかった。ジェノヴィア国の法律では、女性は王位に就く前に結婚しなければならない。そして権力を狙うメイブリー子爵(ジョン=リス・デイヴィス)が、自分の甥のデヴロー卿にも王位継承権があると名乗り出る。そこで議員たちは、ミアが30日以内に結婚しなければ、王位はデヴロー卿に譲らなければならないことを決定。しかもその王位継承のライバルとなったデヴロー卿は、なんとニコラスのことだった。かくしてミアのお婿探しが始まる。候補者リストの中からミアとクラリスが選び出したのは、英国空軍のパイロットであるアンドリュー公爵(カラム・ブルー)。だが彼との結婚を目前に控えたミアは、本当にこれでいいのかと悩み始める。そんな彼女を理解して、心から慰めてくれたのはニコラスだった。しかしメイブリー子爵の仕掛けた罠により、マスコミがミアとニコラスの関係を面白おかしく騒ぎ立て、ミアは深く傷つく。そして結婚式の日。やはり心の真実に目覚めたミアは、式の途中で結婚の中止を宣言。そこにニコラスが現われ、自分は王位を辞退すると告げる。王位に結婚が必要という法律は、その場で改正。そしてクラリスがジョー(ヘクター・エリゾンド)にプロポーズし、式は彼らの結婚式となった。やがて戴冠式を前にしたミアは、ニコラスと愛を確認し合ってから、新しい女王となるのだった。

「プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 2004
公開年月日 2005年2月26日
上映時間 113分
製作会社 ブラウンハウス=デブラ・マーティン・チェイス・プロダクション
配給 ブエナ ビスタ
レイティング
カラー/サイズ カラー

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2005年4月上旬春の特別号 劇場公開映画批評 プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング
日本映画紹介/外国映画紹介 プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング

今日は映画何の日?

注目記事