王様とボク

おうさまとぼく
上映日
2012年9月22日

製作国
日本

制作年
2012
上映時間
84分

レーティング
一般映画
ジャンル
ドラマ

check解説

やまだないとの同名コミックを映画化。不慮の事故による長い昏睡状態から目覚めた心は子供のままの青年と、大人になりつつある同級生の交流を通して、青春の光と影を描く。監督は、「ブタがいた教室」の前田哲。出演は、ドラマ『仮面ライダーW』の菅田将暉、ドラマ『梅ちゃん先生』の松坂桃李、「ヒミズ」の二階堂ふみ。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【BD】「王様とボク」 [Blu-ray]

  • 【DVD】「王様とボク」 スペシャルBOX[DVD]

  • 【DVD】「王様とボク」

TVで観る

ユーザーレビュー

「王様とボク」のストーリー

ミキヒコ(松坂桃李)が恋人・キエ(二階堂ふみ)と初めて結ばれた18歳の誕生日の夜、ふと、同級生・モリオ(菅田将暉)のことを思い出す。モリオは6歳のころに不慮の事故で昏睡状態となり、いまだに眠り続けていた。その後ミキヒコは、モリオが長い眠りから目覚めたことをニュースで知る。ミキヒコは、キエを連れてモリオに会いに病院へ行く。モリオは、身体は18歳の青年に成長していたが、心は事故に遭った当時の6歳のままだった。受験のために予備校に通い、次第に大人になっていく自分に不安や戸惑いを感じていたミキヒコは、ピュアな心を持つモリオの姿を通して、自由気ままな王様のように振る舞っていた少年時代を懐かしむようになる。

「王様とボク」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「王様とボク」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012年9月22日
上映時間 84分
製作会社 「王様とボク」製作委員会(ポニーキャニオン=ユナイテッド エンタテインメント=Thanks Lab.)(制作プロダクション フラミンゴ/制作協力 ドラゴンフライエンタテインメント)
配給 ユナイテッド エンタテインメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
コピーライト (C)2012「王様とボク」製作委員会

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2012年10月上旬号 UPCOMING 新作紹介 「王様とボク」
REVIEW 日本映画&外国映画 公開作20作品、60本の批評 「王様とボク」