追憶(2017)

ついおく
上映日
2017年5月6日

製作国
日本

制作年
2017
上映時間
99分

レーティング
一般映画
ジャンル
サスペンス・ミステリー ドラマ

check解説

監督・降旗康男、撮影・木村大作のコンビ15作目となるヒューマンサスペンス。幼少期を共に過ごした少年3人が、一つの殺人事件によって刑事・被害者・容疑者として25年ぶりに再会し、事件の真相そして心に蓋をしてきた忌まわしい過去と対峙する姿を映し出す。出演は「海賊とよばれた男」の岡田准一、吉岡秀隆、「ミュージアム」の小栗旬、「GONIN サーガ」の柄本佑、「海街diary」の長澤まさみ、「RANMARU 神の舌を持つ男」の木村文乃、「百円の恋」の安藤サクラ。原案・脚本は「グラスホッパー」の青島武と、同作で監督を務めた瀧本智行。音楽は「風が強く吹いている」の千住明。
映画館で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【BD】追憶 Blu-ray豪華版

  • 【DVD】追憶 DVD豪華版

  • 【DVD】追憶 DVD通常版

TVで観る

ユーザーレビュー

「追憶(2017)」のストーリー

富山県警捜査一課の四方篤(岡田准一)は、富山湾を臨む氷見漁港に佇んでいた。そこで刺殺体となって発見された男は、かつて共に少年時代を過ごした旧友・川端悟(柄本佑)だった……。1992年、冬の能登半島。13歳の四方篤は、親に捨てられた同じような境遇の田所啓太、川端悟と共に、軽食喫茶「ゆきわりそう」を営む仁科涼子(安藤サクラ)、山形光男(吉岡秀隆)を慕い、家族のような日々を送っていた。しかしある事件をきっかけに、幸せだった日々は突然終わりを告げ、少年たちは離れ離れになってしまう……。あれから25年、刑事となった四方篤は、あの日二度と会わないと誓った川端悟と再会を果たす。やがて捜査が進むにつれ、ある容疑者が浮かび上がるが、それは田所啓太(小栗旬)であった……。幼少期を共に過ごした少年たち3人が一つの殺人事件をきっかけに、刑事、被害者、容疑者という形で25年ぶりに再会。それぞれが家庭を持ち、歩んできた人生が再び交錯し、封印したはずの忌まわしい過去と対峙することになる。そしてその先にある事件の真実の裏に隠された衝撃の秘密が明かされていく……。

「追憶(2017)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「追憶(2017)」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 日本
製作年 2017
公開年月日 2017年5月6日
上映時間 99分
製作会社 「追憶」製作委員会(制作プロダクション:東宝映画=ディグ&フェローズ)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト http://tsuioku.jp/
コピーライト (C)2017映画「追憶」製作委員会

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2017年5月下旬号 「追憶」 岡田准一 日本映画の伝説の中へ 岡田准一 インタビュー 降旗監督、大作さんとの仕事は夢のような時間だった
「追憶」 岡田准一 日本映画の伝説の中へ メイキング・オブ・「追憶」
「追憶」 岡田准一 日本映画の伝説の中へ 作品評 直球だからこその素晴らしさ
UPCOMING 新作紹介 「追憶」
REVIEW 日本映画&外国映画 「追憶」
2017年5月上旬号 「追憶」 二人の伝説(レジェンド) 降旗康男と木村大作 インタビュー 降旗康夫 木村大作は細かいところににまでものすごく気を使う人です
「追憶」 二人の伝説(レジェンド) 降旗康男と木村大作 インタビュー 木村大作 降旗さんを尊敬しています。それにかわる他の言葉はない
「追憶」 二人の伝説(レジェンド) 降旗康男と木村大作 降旗康夫監督と木村大作キャメラマンの軌跡
2017年1月上旬号 ロングインタビュー 吉岡秀隆2017 「海賊とよばれた男」「追憶」ほか