グッバイ、サマー

ぐっばいさまー MICROBE & GASOLINE
上映日
2016年9月10日

製作国
フランス

制作年
2015
上映時間
104分

レーティング
PG-12
ジャンル
コメディ 青春 ドラマ

check解説

「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリーが、自ら脚本も手掛けた自伝的青春ロードムービー。数々の悩みを抱える14歳のダニエルは、風変わりな転校生テオと意気投合。2人でスクラップを集めて“動くログハウス”を作り、夏休みに旅に出る。出演は、オーディションで抜擢された新人のアンジュ・ダルジャンとテオフィル・バケ。「ムード・インディゴ うたかたの日々」のオドレイ・トトゥが脇を固める。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】グッバイ、サマー スペシャル・プライス

  • 【BD】グッバイ、サマー スペシャル・プライス

  • 【BD】グッバイ、サマー

  • 【DVD】グッバイ、サマー

TVで観る

ユーザーレビュー

「グッバイ、サマー」のストーリー

14歳。子供でもなく、大人でもない狭間の時期。画家を目指すダニエル(アンジュ・ダルジャン)は、たくさんの悩みを抱えていた。中学生になっても女の子のような容姿で、クラスメイトからは“ミクロ”と呼ばれてバカにされ、恋するローラ(ディアーヌ・ベニエ)からは全く相手にされない。おまけに母親は過干渉で、兄貴は暴力的なパンク野郎。誰も本当の自分を理解してくれない……。そんなある日、ダニエルのクラスに風変わりな転校生がやって来る。名前はテオ(テオフィル・バケ)。目立ちたがり屋で、自分で改造した奇妙な自転車を乗り回し、家業のせいで身体からガソリンの匂いを漂わせている。周囲から浮いた存在のダニエルとテオは意気投合し、すぐに親友になる。学校や家族、仲間など周囲が2人を枠に当てはめて管理しようとする息苦しく、うんざりするような毎日。そんな日々から脱出するため、彼らは“ある計画”を思いつく。それは、スクラップを集めて“夢の車”を作り、夏休みに旅に出る事だった……。

「グッバイ、サマー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「グッバイ、サマー」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ 青春 ドラマ
製作国 フランス
製作年 2015
公開年月日 2016年9月10日
上映時間 104分
配給 トランスフォーマー(提供 シネマライズ=トランスフォーマー
レイティング PG-12
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト http://www.transformer.co.jp/m/goodbyesummer/
コピーライト (C)Partizan Films- Studiocanal 2015

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2016年10月上旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 グッバイ、サマー
2016年9月下旬号 UPCOMING 新作紹介 「グッバイ、サマー」
キネマ旬報増刊 大人のシネマ・ライフ 2016Summer→Autumn 映画の中で時間を旅する As Time Goes By 「グッバイ・サマー」―14歳。少年たち。かけがえのないひと夏の時間
2016年7月下旬号 キネマ旬報が選ぶ みんなが観たい、いい映画55 「It's Only The End Of The World」 「グッバイ、サマー」 「レッドタートル ある島の物語」 「君の名は。」 「哭声」 「Paterson」 「THE NEON DEMON」 「お父さんと伊藤さん」 「何者」 「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」 「I, Daniel Blake」 「ミュージアム」 「海賊とよばれた男」 「美しい星」 「グッドモーニングショー」 「超高速!参勤交代 リターンズ」 「Toni Erdmann」 「THE HANDMAIDEN」 「AMY エイミー」 「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」