漂流ポスト

ひょうりゅうぽすと
上映日
2021年3月5日

製作国
日本

制作年
2018
上映時間
30分

ジャンル
ドラマ

check解説

亡くなった最愛の人への想いを届けるため、東日本大震災の被災地・岩手県陸前高田市の山奥に建てられた実在の“漂流ポスト”をモデルにしたドラマ。東日本大震災で親友の恭子を亡くした園美は、“漂流ポスト”の存在を知り、恭子宛の手紙を届けようと考える。出演は『越路吹雪物語』の雪中梨世、「ナラタージュ」の神岡実希。監督は「瞬間少女」の清水健斗。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】漂流ポスト

TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • フリーライター
    須永貴子
    中学時代の回想シーンが美しく、喪失の悲しみが増幅した。彼女たちが埋めたタイムカプセルから出てきた、「将来のお互い」に宛てた手紙。震災の前日にガラケーに残された、... もっと見る
  • 脚本家、プロデューサー、大阪芸術大学教授
    山田耕大
    東日本大震災のことは風化させることなく、ずっと心に留め続けておかなければならない。それはそうだが、それをモチーフにした映画をこうも数々見せられると、どうしても「... もっと見る
  • 映画評論家
    吉田広明
    ガラケーに残された留守電、発見されて届けられたタイムカプセルの手紙。震災で亡くなった友達から自分に向けられた言葉たちに返そうとしても宛先はなく、声は空しく海に呑... もっと見る

「漂流ポスト」のストーリー

東日本大震災で、親友の恭子(神岡実希)を亡くした園美(雪中梨世)は、心のどこかで死を受け入れられないまま、日々を過ごしていた。そんなある日、学生時代に恭子と一緒に埋めたタイムカプセルが見つかる。入っていたのは、“将来のお互い”に宛てた手紙だった。蘇る美しい思い出と罪悪感。過去と向き合う中、震災で亡くなった大切な人に届けたい言葉、伝えることができなかった想いを綴った手紙が届く“漂流ポスト”の存在を知った園美は、恭子宛の手紙を届けようとする……。

「漂流ポスト」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「漂流ポスト」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2021年3月5日
上映時間 30分
配給 アルミード
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト https://www.hyouryupost-driftingpost.com/
コピーライト (C)Kento Shimizu

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2021年3月下旬映画業界決算特別号 REVIEW 日本映画&外国映画 漂流ポスト
UPCOMING 新作紹介 「漂流ポスト」

今日は映画何の日?

注目記事