なれのはて

なれのはて
上映日
2021年12月18日

製作国
日本

制作年
2021
上映時間
120分

ジャンル
社会派

check解説

何らかの理由で帰国せずフィリピンのスラムで日銭を稼ぎ細々と暮らす高齢の日本人男性たちを7年追い、第3回東京ドキュメンタリー映画祭長編部門グランプリ・観客賞をW受賞したドキュメンタリー。”困窮邦人”と呼ばれる彼らの日常と周辺の人々の姿を捉える。監督は、フリーの助監督として数々の劇映画に参加する一方、『ザ・ノンフィクション シフォンケーキを売るふたり』などテレビ番組のディレクターを務めてきた粂田剛。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 脚本家、映画監督
    井上淳一
    フィリピンに流れ着いた男たち。最底辺の生活を送りながら、なぜか不幸そうには見えない。20ペソ(45円)で排泄物処理や体洗ってくれる近所の人。最底辺が最底辺を支え... もっと見る
  • 日本経済新聞編集委員
    古賀重樹
    さまざまな事情で日本を離れ、フィリピンの貧民街で暮らす困窮老人たちを追うドキュメンタリー。自転車店の軒下に居候して便所掃除をしながら暮らしたり、乗り合いジープの... もっと見る
  • 映画評論家
    服部香穂里
    かつて日本で家庭を築くも、今や遥かフィリピンの地に骨を埋める覚悟で過ごす4人の男性たちの記録。それぞれに一本の映画が作れそうな波乱の半生を刻む、独特の風貌に魅入... もっと見る

「なれのはて」のストーリー

フィリピンの首都マニラのスラム街、路地の奥でひっそりと住む高齢の日本人男性たち。”困窮邦人”と呼ばれる彼らは、かつて日本で警察官、暴力団員、証券会社員、トラック運転手などの仕事をし、家族がいるのにも関わらず、何らかの理由で帰国しないままそこで人生の最後となるであろう日々を送っている。周囲の人の手を借りながら僅かな日銭を稼ぎ、この地で寄る辺なく暮らす4人の老人男性に密着。半身が不自由になり、近隣の人々の助けを借りてリハビリする男。連れ添った現地妻とささやかながら仲睦まじい生活を送る男。便所掃除をして軒下に居候している男。最も稼げないジープの呼び込みでフィリピンの家族を支える男。彼らの日常や周囲のスラムの人々の姿を、カメラは捉える。

「なれのはて」の映像

「なれのはて」の写真

「なれのはて」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「なれのはて」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派
製作国 日本
製作年 2021
公開年月日 2021年12月18日
上映時間 120分
製作会社 有象無象プロダクション
配給 ブライトホース・フィルム
公式サイト https://nareno-hate.com/
コピーライト (C)有象無象プロダクション

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2022年1月上・下旬合併号 REVIEW 日本映画&外国映画 「なれのはて」
2021年12月下旬号 UPCOMING 新作紹介 「なれのはて」