アキラとあきら

あきらとあきら
上映日
2022年8月26日

製作国
日本

制作年
2022
上映時間
128分

レーティング
一般映画
ジャンル
ドラマ

check解説

『半沢直樹』『陸王』などのベストセラー作家・池井戸潤の累計発行部数70万部を突破した同名小説を映画化。対照的な宿命を背負った二人の若者〈アキラ〉と〈あきら〉が、メガバンクを舞台に、情熱と信念で現実に立ち向かう社会派エンターテインメント。小さな町工場の息子・山崎瑛(やまざきあきら)を竹内涼真、大手海運会社の御曹司・階堂彬(かいどうあきら)を横浜流星が演じる。同じ社長の息子同士でも、家柄も育ちもまったく違う二人が、破産寸前の企業グループの未来と4800人の人生を救うため、奇跡の大逆転劇を巻き起こす。監督は2022年夏、本作と「今夜、世界からこの恋が消えても」「TANG タング」が立て続けに公開され、快進撃が続く三木孝浩。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 映画・音楽ジャーナリスト
    宇野維正
    「心臓病を患った娘がいる工場の社長」のようなメロドラマ的サブ設定にはさすがに白けてしまうのだが、今やすっかり「日曜劇場」のデフォルメ演出&暑苦しい演技が視聴者/... もっと見る
  • 映画評論家
    北川れい子
    池井戸潤が描く仕事、組織、人間たちは、いまさら言うのもなんだが、かつて人気があったNHKの『プロジェクトX?挑戦者たち?』と被るところがあり、どんなに障害物が大... もっと見る
  • 映画文筆系フリーライター。退役映写技師
    千浦僚
    バブル期の傲慢かつ放漫な経営が招いた危機という原作設定から時代的な要素を外したため、屈折した金持ち一族の次男坊勢は悪く言えば抽象的になったが逆に言えばその主題は... もっと見る

「アキラとあきら」のストーリー

父親の経営する町工場が倒産し、幼くして過酷な運命に翻弄されてきた山崎瑛。大企業の御曹司ながら次期社長の椅子を拒絶し、血縁のしがらみに抗い続ける階堂彬。偶然同じ名前を持った二人は、運命に導かれるかのごとく、日本有数のメガバンクに同期入社する。 だが、人を救うバンカー(銀行員)になりたいという熱き理想を持つ山崎と、情を排除して冷静沈着に仕事をこなす階堂 は、銀行員としての信念が真っ向から対立する。ライバルとしてしのぎを削る二人だったが、山崎は立ちはだかる<現実>という壁を前に、自らの信念を押し通した結果、左遷される。一方、順調に出世していた階堂の前にも、親族同士の骨肉の争いという試練が再び立ちはだかる。階堂は<現実>から眼を背け続け、ついに階堂家のグループは倒産危機に陥る。グループの全社員とその家族4800人の人生が掛かった危機的状況のなか、山崎と階堂の人生が再び交差する。

「アキラとあきら」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アキラとあきら」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022年8月26日
上映時間 128分
製作会社 「アキラとあきら」製作委員会(WOWOW=東宝=ホリプロ=スターダストプロモーション=ジェイアール東日本企画=集英社=小学館=オフィスIKEIDO=日本出版販売=ローソンエンタテインメント=朝日新聞社)(製作幹事:WOWOW=東宝/制作プロダクション:TOHOスタジオ)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト https://akira-to-akira-movie.toho.co.jp/
コピーライト (C)2022「アキラとあきら」製作委員会

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.44 道枝駿祐「今夜、世界からこの恋が消えても」 SPECIAL ISSUE② Movies watched during summer vacation 夏休みは映画でしょ? 髙橋海人。役者としての武器は、今は「熱量」。未来に向けては「人間力」を目指す 「アキラとあきら」
2022年9月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「アキラとあきら」
2022年9月上旬特別号 UPCOMING 新作紹介 「アキラとあきら」
2022年8月上旬号 巻頭特集 宿命の二人「アキラとあきら」 インタビュー 竹内涼真&横浜流星
巻頭特集 宿命の二人「アキラとあきら」 「アキラとあきら/涼真と流星」