燈火(ネオン)は消えず

ねおんはきえず A LIGHT NEVER GOSE OUT
上映日
2024年1月12日

製作国
香港

制作年
2022
上映時間
103分

ジャンル
ドラマ

check解説

2010年以来消えつつある香港のネオンサインをモチーフにし、第96回アカデミー賞国際長編映画賞香港代表作品に選出された人間ドラマ。腕利きのネオンサイン職人だった夫が亡くなり、失意の妻・メイヒョンは夫のやり残した最後の仕事を完成させようと決意する。香港の街に輝くネオンサインは香港の象徴的光景であったものの、2010年の建築法等の改正以来、2020年までに9割ものネオンサインが姿を消したと言われている。短編や脚本を手がけてきたアナスタシア・ツァン監督の初長編作品。「妻の愛、娘の時」のシルヴィア・チャンが妻・メイヒョンを演じ2022年第59回金馬奨最優秀主演女優賞を受賞。ネオンサイン職人だった夫を「スリ」などジョニー・トー監督作品の常連であるサイモン・ヤムが演じる。2022年第35回東京国際映画祭アジアの未来部門上映作品(映画祭題「消えゆく燈火」)。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 翻訳者、映画批評
    篠儀直子
    香港を離れようとする娘と、香港にとどまって夫の工房を守ろうとする母。工房もネオンも香港の換喩だ。そして一人ひとりの個人史が、香港の歩みと重ね合わされる。&mda... もっと見る
  • 編集者/東北芸術工科大学教授
    菅付雅信
    香港のネオン職人の夫を亡くした妻が、彼の弟子と共に夫がやり残した最後のネオンを完成させようとする。香港を象徴するネオンの9割が法改正でなくなった現在の香港にて「... もっと見る
  • 俳優、映画監督、プロデューサー
    杉野希妃
    消えゆくものへの哀悼というありがちなテーマゆえに凡作になりそうなところを、レトロ感と近未来感を併せ持つネオンの異様な輝きが作品に視覚的なオリジナリティを与えてい... もっと見る

「燈火(ネオン)は消えず」のストーリー

腕利きのネオンサイン職人・ビル(サイモン・ヤム)が亡くなり、失意の妻・メイヒョン(シルヴィア・チャン)は夫が完成させられなかった最後のネオンを作り上げることを決心する。夫の工房へ行ったところ、見知らぬ青年(ヘニック・チャウ)がそこにいた。やがてメイヒョンは伝説の吹きガラス製のネオンの存在を知り……。

「燈火(ネオン)は消えず」の写真

「燈火(ネオン)は消えず」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「燈火(ネオン)は消えず」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 香港
製作年 2022
公開年月日 2024年1月12日
上映時間 103分
製作会社 燈火闌珊有限公司
配給 ムヴィオラ
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://moviola.jp/neonwakiezu
コピーライト (C)2022 A Light Never Goes Out Limited All Rights Reserved