大泉洋 オオイズミヨウ

  • 出身地:北海道江別市
  • 生年月日:1973/04/03

略歴 / Brief history

北海道江別市の生まれ。北海学園大学経済学部在学中の1994年、学内の演劇研究会で出会った森崎博之らとともに劇団“TEAM NACS”を結成。その演劇活動が、札幌を拠点にしていた劇団“OOPARTS”主宰の鈴井貴之に認められ、鈴井の下で、95年の北海道テレビの深夜番組『モザイクな夜V3』から芸能活動を開始する。翌96年にスタートした同局『水曜どうでしょう』が北海道のみならず全国各地でも放映されて爆発的人気を呼び、大泉は一躍全国区で認知される存在となった。その後、テレビ朝日の深夜バラエティ『パパパパパフィー』99の準レギュラーで全国ネットにも進出。俳優としては、地元・札幌がロケ地の金子修介監督「ガメラ2/レギオン襲来」96に端役で出演していたが、2000年に鈴井が初監督をつとめた「man-hole」で実質的な映画デビューも飾る。鈴井とは続く「river」03、「銀のエンゼル」04でもタッグを組み、バラエティ番組などで見せる顔とは異なるシリアスな一面も発揮した。05年、フジテレビの人気ドラマ『救命病棟24時』の第3シリーズにレギュラー出演して、俳優業でも全国区の人気者に。フジテレビ『小早川伸木の恋』06、『暴れん坊ママ』07、『ロス:タイム:ライフ』08、日本テレビ『ハケンの品格』07などドラマのオファーが相次ぎ、日本テレビ『赤鼻のセンセイ』08では主役もつとめた。映画も、本木克英監督「ゲゲゲの鬼太郎」07・08でネズミ男を見事な説得力で演じ、内田けんじ監督「アフタースクール」08などでも好演。11年、札幌が舞台のミステリー小説を映画化した橋本一監督「探偵はBARにいる」に主演し、作品のヒットとともに北海道出身のタレントとしての矜持を示した。また、スタジオジブリに『水曜どうでしょう』のファンがいたことが縁で宮崎駿監督「千と千尋の神隠し」01に番頭蛙役で起用されると、以降もさまざまなアニメーション作品などで声優として活躍している。09年、『救命病棟24時』『ロス:タイム:ライフ』で組んだフジテレビの中島久美子プロデューサーと結婚。一女がある。

大泉洋の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)

    制作年: 2024
    青山剛昌の人気漫画『名探偵コナン』のアニメシリーズ劇場版第27弾。函館にある斧江財閥の収蔵庫に、ビッグジュエルと呼ばれる宝石を追い求めているはずの怪盗キッドから、新選組副長・土方歳三にまつわる刀を狙うと予告状が届き……。監督は、第23作「名探偵コナン 紺青の拳」や第24作「名探偵コナン 緋色の弾丸」を手がけた永岡智佳。江戸川コナンの声を担当する高山みなみらおなじみの声優陣に加え、北海道出身の俳優・大泉洋が北海道警捜査一課の刑事・川添善久役としてゲスト声優を務めている。
  • こんにちは、母さん

    制作年: 2023
    「男はつらいよ」シリーズをはじめ、時代の変遷と人びとの暮らしを見つめ続けてきた山田洋次監督の91歳にして90本目の劇映画。墨田川のほとりで、スカイツリーを見上げる東京下町を舞台に、現代の令和を生きる「母と息子」の新たな物語を心情豊かに描き出す。主演を務めるのは、1972年公開の「男はつらいよ 柴又慕情」をはじめ、「母べえ」(08)「おとうと」(10)「母と暮せば」(08)など、約50年間にわたって山田洋次作品に出演してきた吉永小百合。下町に暮らす母・福江を演じ、映画出演123本目にして、山田洋次の『母』3部作の集大成となった。その息子・昭夫を演じるのはNHK大河ドラマ『鎌倉殿の十三人』の好演が記憶に新しい大泉洋。山田洋次と吉永小百合と初タッグを組んだ。原作は劇作家・永井愛(二兎社)が手掛けた同名の舞台作品。変わりゆく都会の片隅で、中間管理職の悲哀、シニアの淡い恋、地域とホームレスの問題、若者の生きがいの問題など、今日的なテーマを織り込みながら、それでも変わらぬ思い合う人びとの心を描く、おかしくも切ない人情喜劇。
  • シング・フォー・ミー、ライル

    制作年: 2022
    歌うワニのライルを主人公にしたミュージカル。ショーマンのヘクターは、古いペットショップで出会った魅惑の歌声を持つワニ、ライルのショーを開催するが、ライルのステージ恐怖症で失敗。ヘクターは去り、孤独なライルはアパートの屋根裏に隠れ住むが……。出演は「選ばなかったみち」のハビエル・バルデム、「クレイジー・リッチ!」のコンスタンス・ウー。監督は「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・スペック&ジョシュ・ゴードン。原作はバーナード・ウェーバーの児童書「ワニのライルのおはなし」シリーズ。
  • 月の満ち欠け

    制作年: 2022
    第157回直木賞を受賞した、佐藤正午のベストセラー小説を大泉洋主演で映画化。妻の梢と娘の瑠璃を不慮の事故で失い悲しみに沈む小山内堅のもとに、三角という男が娘の瑠璃はかつて自分が愛した女性の生まれ変わりではないかと訪ねてきて……。監督は「母性」の廣木隆一。小山内の妻・梢を柴咲コウ、娘と同じ名を持つ“瑠璃”という女性を有村架純、小山内を訪ねる三角を目黒蓮が演じるほか、伊藤沙莉、田中圭など実力派キャストが出演。