ジョエル・トーレ ジョエルトーレ

  • 出身地:フィリピン
  • 生年月日:1961年6月19日

ジョエル・トーレの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ダイ・ビューティフル

    制作年: 2016
    第29回東京国際映画祭で観客賞・主演男優賞の二冠に輝いた人間ドラマ。ミスコン女王として名を馳せたトランスジェンダーのトリシャが急死。友人たちはトリシャの人生を思い返しながら、様々なセレブの装いをしたいという彼女の願いを叶えるため奔走する。「ある理髪師の物語」のジュン・ロブレス・ラナ監督が、実際にフィリピンで起きたトランスジェンダー殺人事件に着想を得て、いつまでも美しくあろうとしたトリシャの波乱に満ちた人生を描いた。数々の有名人になり切ったメイクをSNSで披露し注目を集めたパオロ・バレステロスがトリシャを演じ、作中でのメイクも手がけている。
    100
  • 牢獄処刑人

    制作年: 2013
    権力者が服役中の囚人を使って暗殺を行うという実話をベースにしたフィリピン発のクライム・アクション。監督・脚本は、「スパイダー・ボーイ ゴキブリンの逆襲」のエリック・マッティ。出演は、「囚われ人」のジョエル・トーレ。「7デイズ」のバルタザール・コルマウクル監督によるハリウッド・リメイクも決まっている。
    60
  • 囚われ人

    制作年: 2012
    2001年にフィリピンのリゾート地で発生した観光客拉致事件を基に、「キナタイ マニラ・アンダーグラウンド」でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞したブリランテ・メンドーサが映画化。出演は「愛、アムール」のイザベル・ユペール、「アボン・小さい家」のジョエル・トレ、「キナタイ マニラ・アンダーグラウンド」のマリア・イザベル・ロペス。
  • アボン・小さい家

    制作年: 2003
    フィリピンを代表する唱歌『小さい家』をモチーフに、自然と共に生きる人々のたくましさや家族の絆など途上国の様々な問題を盛り込み、ペーソスとユーモアを交えたスローライフ・ムービーが誕生した。監督の今泉光司は小栗康平の助監督を経て、単身フィリピンの山岳地帯に移住。主演はフィリピンの国民的俳優ジョエル・トレ。
  • 母と娘(2000)

    制作年: 2000
    香港で住み込みの家政婦として働いていた母が、マニラに残した三人の子供達の元に戻る。しかし、離れていた6年の歳月が家族を崩壊させる。家族の崩壊と再生を描いた感動の親子愛の物語。フィリピン映画の本格的日本公開は『ホセ・リサール』に次いで2作目。監督は今作が7作目のロリー・B・キントス。出演はフィリピン・アカデミー賞で5回の最優秀主演女優賞を受賞しているヴィルマ・サントス、期待の若手クラウディン・バレットほか。
  • ホセ・リサール

    制作年: 1998
    フィリピンの独立100周年を記念して作られ、アジア映画が人気のフィリピン国内で空前のヒットを記録した歴史大作。手がけたのは、社会的作品で日本でも高い評価を得るアジアを代表する女性監督、マリルー・ディアス=アバヤ。

Blu-ray/DVDで観る