リヒャルト・タウバー

リヒャルト・タウバーの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ルート・ハルプファスの道徳

    制作年: 1971
    何不自由なく暮らす工場主の妻をめぐって夫、情人、そして情人の妻の奇妙な関係を描く。監督はフォルカー・シュレンドルフ、脚本はシュレンドルフとペーター・ハム、撮影はクラウス・ミュラー・ラウエとコンラート・コトフスキー、音楽はフリードリッヒ・マイヤーとリヒャルト・タウバーとヨーゼフ・シュミットが各々担当。出演はセンタ・バーガー、ヘルムート・グリーム、マルガレーテ・フォン・トロッタ、マリアン・ザイドウスキなど。
  • 花咲く頃

    制作年: 1934
    テナー歌手として名高いリヒャルト・タウバーが主演する歌謡映画で、オペレットの『三人の娘の家』を基として「狂乱のモンテカルロ」のフランツ・シュルツが書卸したものをシュルツがイギリス劇作家のジョン・ドリンクウォーター、ロージャー・バーフォード及びG・H・クラッサムと共同脚色し、監督には「魅惑を賭けて」「帰って来た恋人」等を在米時代に作ったポール・L・スタインが当り、撮影はドイツから来たオットー・カントレックがブライアン・ランガレイと共同担任した。助演は「復活」に出演しているジェーン・バクスター、カール・エスモンド、「ユダヤ人ジュス」のポール・グレーツ、アシーン・セイラー、ギブ・マクローリン等の面々である。
  • ワルツ・タイム

    制作年: 1945
    喜歌劇女優キャロル・レイの第二回主演映画で、「笑う姫君」のピーター・グレイヴス、パトリシア・メディナが共演する。カール・ロスラーの原案によりヘンリー・C・ジェームズが書卸し、モンゴメリー・タリーと協力して脚本を執筆、ジャック・ウィッテンガムが台詞を書き、「笑う姫君」と同じくポール・L・スタイン監督、ハンス・メイ作曲指揮、アラン・ストランクス作詞に成った、撮影は「船団最後の日」のアーネスト・パーマーの監督である。助演は「花咲く頃」主演の故リヒャルト・タウバー、「笑う姫君」主演のウェブスター・ブースとアン・ジーグラーのチーム、ジョージ・ロビー、アルバート・サンドラー、ジョン・ラドックら。
  • キリストの一生

    制作年: 1923
    「カリガリ博士」「罪と罰(1923)」を監督したロベルト・ヴィーネ氏の監督したキリスト伝で「罪と罰(1923)」主演のモスコウ芸術座出身のグレゴリー・クマラ氏がキリストに扮し、「焔の裡の女」「喜びなき街」等出演のアスタ・ニールセンがマグダレンに扮し、「デセプション」「維納の夢」等出演のヘンニ・ポルテン嬢が聖母マリアに扮して主演するほか「カリガリ博士」「喜びなき街」等出演のヴェルナー・クラウス氏がローマの執政官を演じて居る。無声。
  • 恋は終りぬ

    制作年: 1935
    映画初出演のソプラノ歌手田中路子が「未完成交響楽(1933)」「ペエテルの歓び」のハンス・ヤーライ及び「予審」のアルバート・バッサーマンと共に主演する映画で「今宵こそは」出演のフリッツ・シュルツが監督に当たったもの。原作は「最後の中隊」の脚色者ハインツ・ゴールドベルクで、脚色はゴールドベルクを助けてガーライ・アルファイが協力した。撮影は「モナ・リザの失踪」「春のパレード」のウィリー・ゴールドベルガーの担任。助演はバッサーマン夫人たるエルゼ・バッサーマン、「ガソリン・ボーイ三人組」のオスカー・カールワイスを始めウィーン劇壇の俳優連が顔を並べている。作曲はフランツ・サァルマホファー及びリヒャルト・タウバーで、ウィーン・フィルハーモニー・オーケストラが演奏している。
  • 私の太陽

    制作年: 1935
    「花咲く頃」と同じくポール・L・スタインが監督に当たったリヒャルト・タウバー主演映画で、リオニ・ピッカードの原作をブルーノ・フランク、L・デュ・ガード・ピーチ、ロジャー・バーフォード、ジャック・デイヴィス・ジュニアの四氏が協力脚色したもの。歌曲は特にタウバー氏が書いたもので、編曲は「花咲く頃」のG・H・クラッサムが当たった。撮影担当はジョン・C・コックスである。助演者は新顔のレオノラ・コーベット、キャスリーン・ケリー、「花咲く頃」のポール・グレーツ、「暗殺者の家」のフランク・ヴォスパー、「ドン・ファン」のダイアナ・ナピア、カール・ハーボード等の面々である。

Blu-ray/DVDで観る