ジャック・ドルフマン

ジャック・ドルフマンの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 殺し屋チャーリーと6人の悪党

    制作年: 2014
    美しい街を舞台に、1人の殺し屋と6人の悪党が殺し合いを繰り広げるアクション・エンターテインメント。出演は、「ミッション:インポッシブル」シリーズのサイモン・ペッグ、「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃 」のサリヴァン・ステイプルトン。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015で上映。
  • 人類創世

    制作年: 1981
    人類と火の結びつきを中心に有史以前の人類の生活を描く。製作総指揮はマイケル・グラスコフ、製作はジョン・ケムニー、デニス・エロー、ジャック・ドルフマン、ヴェラ・ベルモント、監督は「ブラック・アンド・ホワイト・イン・カラー」のジャン・ジャック・アノー。J・H・ロスニーの原作を基にジェラール・ブラッシュが脚色。撮影はクロード・アゴスティーニ、音楽はフィリップ・サルド、製作顧問はアンソニー・バージェスとデズモンド・モリスが各々担当。出積はエヴァレット・マクギル、レイ・ドーン・チョン、ロン・パールマン、ナミール・エル・カディなど。
  • 仮面・死の処方箋

    制作年: 1978
    フランスの一地方都市の医師界を舞台に善や正義という名の仮面の下に息づく人間の本性を描く。製作はジャック・ドルフマン、製作協力はフランシス・ジロー、監督はジャック・ルーフィオ、脚本はジョルジュ・コンションの原作を彼とジャック・ルーフィオ、ジャン・ルイ・シュヴァリエが脚色。撮影はアンドレアス・ヴァインディング、音楽はフィリップ・サルドが各々担当。出演はミシェル・ピッコリ、ジェラール・ドパルデュー、ジェーン・バーキン、マリナ・ヴラディ、シャルル・ヴァネル、ミシェル・オークレールなど。地方公開時「イノセント」と二本立てで上映された。
  • 影の軍隊

    制作年: 1969
    独軍占領下のフランスで、第二次大戦中、悲劇的な抵抗運動に命をかけたレジスタンス闘士たちのエピソードをつづった作品。製作はジャック・ドルフマン。ジョゼフ・ケッセルの原作を、「ギャング」のジャン・ピエール・メルヴィルが脚色し、自ら監督した。撮影はピエール・ロム、美術はテオバール・ムーリッス、音楽はエリック・ド・マルサンがそれぞれ担当。出演は「ベラクルスの男」のリノ・ヴァンチュラ、「ギャング」のポール・ムーリッス、ほかに、シモーヌ・シニョレ、ジャン・ピエール・カッセル、クリスチャン・バルビエ、ポール・クローシェ、クロード・マン、アラン・リボールなど。
    90
  • グレート・ウォーリアーズ

    制作年: 2000
    『サブウェイ』のクリストファー・ランバートが主演し、古代ヨーロッパの「ガリア戦記」を元に描いた戦争アクション大作。ウェルキンゲトリクスが、侵入してくるローマ軍からケルト民族の聖職者“ドルイド”を守るために命を掛けて戦う。【スタッフ&キャスト】監督:ジャック・ドルフマン 脚本:クロード・リジェ 出演:クリストファー・ランバート/クラウス・マリア・ブランダウアー/マックス・フォン・シドー/イネス・サストレ
    70