アレクサンドル・ソクーロフ

  • 出身地:旧ソ連シベリア地方、イルクーツクのポドルヴィハ村
  • 生年月日:1951/06/14

略歴 / Brief history

【発禁処分を経て、現代ロシアを代表する世界的な名匠に】旧ソ連シベリア地方、イルクーツクのポドルヴィハ村に生まれ、軍人だった父の転勤伴いポーランド、トルコ、トルキスタンで少年時代を過ごした。ゴーリキー大学で歴史学を学び、モスクワの国立映画学校監督コースへ進学。卒業制作の「孤独な声」(78)は大学からも政府当局からも拒絶され公開禁止処分を受けたが、アンドレイ・タルコフスキーの推薦でレン・フィルム撮影所に就職し、多くのドキュメンタリーを手がける。しかしソクーロフの作品はすべて発禁扱いされ、ペレストロイカ後の1987年まで一般公開されることはなかった。ソビエト崩壊後、この時期のドキュメンタリー「マリア」(78)、「痛ましき無関心」(83)から、「日陽はしづかに発酵し…」(88)をはじめとする新作劇映画が旺盛に発表され、90年代以降のロシア映画を代表する監督として認知される。そして2002年、エルミタージュ美術館で90分ワンカット撮影を敢行した「エルミタージュ幻想」で、ソクーロフの名は国際的なものとなった。日本への関心が深いことでも知られており、99年に『死の棘』の作家・島尾敏雄の妻、島尾ミホに密着したドキュメンタリー「ドルチェ・優しく」(99)を発表。また、昭和天皇を主人公にした「太陽」(05)は公開前から日本で大きな話題となり、単館公開にもかかわらず大ヒットを記録した。ドキュメンタリーと劇映画を交互に製作し続け、世界的チェリスト、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチの記録映画「ロストロポーヴィチ・人生の祭典」(06)のあとに、ロストロポーヴィチ夫人のガリーナ・ヴィシネフスカヤを主演に据えた劇映画「チェチェンへ・アレクサンドラの旅」(07)を発表したりもしている。【タルコフスキー以降のロシア映画を牽引】映画監督として活動し始めた20代から30代半ばまでは、政府当局から一般公開を禁止され不遇の時を過ごした。映像と音、光を駆使した絵画のような画面構成、キリスト教的世界観、生と死のエロティシズムなどがソクーロフの特徴として挙げられ、その代表例が初期作の「日陽はしづかに発酵し…」である。これらの要素を組み合わせて壮大なスケールの映画空間を生み出すところには、しばしばタルコフスキーの影響が指摘されている“生と死の三部作”(「セカンド・サークル」「ストーン・クリミアの亡霊」「静かなる一頁」)、“人間関係に焦点を当てた三部作”(「マザー、サン」「ファザー、サン」、「ブラザー、シスター」)、“権力者の四部作”(「モレク神」「牡牛座・レーニンの肖像」「太陽」、「Faust」)といった、ある主題に沿ったシリーズを定期的に発表。職業俳優ではない人間を役者として起用することも多く、「日陽はしづかに発酵し…」「ファザー、サン」に見られるように美青年を好む傾向もある。

アレクサンドル・ソクーロフの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 独裁者たちのとき

    制作年: 2022
    「太陽」「エルミタージュ幻想」のアレクサンドル・ソクーロフ監督による驚異の映像詩。黄泉の国を思わせる廃墟のなか、第二次世界大戦時に世界を牛耳っていたヒトラー、スターリン、チャーチル、ムッソリーニといった4人の独裁者たちが、天国の門を目指し彷徨う。独裁者たちの姿は、膨大な量のアーカイヴ素材からのみで構築され、すべて彼らの存命中に撮影された実際の映像を使用。また、独裁者たちの語るセリフはいずれも過去の手記や実際の発言の引用である。第35回東京国際映画祭にて『フェアリーテイル』のタイトルで上映。
  • フランコフォニア ルーヴルの記憶

    制作年: 2015
    アレクサンドル・ソクーロフが、第二次世界大戦当時のナチス・ドイツのパリ侵攻を入り口に、ルーヴル美術館が見つめてきた美と戦争の歴史を辿る叙事詩。ルーヴルの館長ジョジャールとナチス将校メッテルニヒは、美術館を守るという使命で結ばれてゆく。撮影は実際にルーヴル美術館内で行われている。出演は「めぐりあう日」のルイ=ド・ドゥ・ラングサン。
    60
  • 痛ましき無関心

    制作年: 1983
    「ファウスト」のアレクサンドル・ソクーロフ監督の“第2の処女作”と称されたドラマ。原作はジョージ・バーナード・ショーの「傷心の家」。上映禁止処分を受けたため初公開は1987年となった。(オリジナルは110分)2013年3月16日より、東京・渋谷アップリンクにて開催の「特集上映 ロシアン・カルト」にて上映。
  • サンクト・ペテルブルグ日記 フラット・コージンツェフ

    制作年: 1998
    ロシアの映画監督アレクサンドル・ソクーロフが、「マクシムの青春」「リア王」など戦前戦後連ソ映画界を代表する監督グリゴーリー・コージンツェフを対象にしたドキュメンタリー。2012年8月4日より、東京・渋谷アップリンクにて開催された「映画/千夜、一夜 ―早すぎる、遅すぎる、映画を求めて」にて公開。
  • ソルジェニーツィンとの対話

    制作年: 1998
    『収容所群島』『イワン・デニソーヴィチの一日』でノーベル文学賞を受賞したロシアの作家アレクサンドル・ソルジェニーツィンと映画監督アレクサンドル・ソクーロフとの対話を記録したドキュメンタリー。旧ソ連を追放されたことによるアメリカでの亡命生活に始まり文学・宗教・政治など多岐に渡り対話している。監督は「マザー、サン」のアレクサンドル・ソクーロフ。2012年6月16日より、東京・渋谷ユーロスペースにて開催された「ソクーロフ特集2012 ドキュメンタリー」にて上映。
  • モーツァルト・レクイエム

    制作年: 2004
    ロシアのサンクトペテルブルクで行われたモーツァルト《レクイエム》の演奏会の模様を記録したドキュメンタリー。監督は「エルミタージュ幻想」のアレクサンドル・ソクーロフ。2012年6月16日より、東京・渋谷ユーロスペースにて開催された「ソクーロフ特集2012 ドキュメンタリー」にて上映。