和久井映見 ワクイエミ

  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 生年月日:1970/12/08

略歴 / Brief history

神奈川県横浜市の生まれ。本名・和久井良子。埼玉県立川口青陵高校在学中に、スカウトされて芸能界入り。CM等で活躍する傍ら1988年のフジテレビ『花のあすか組!』で女優デビューし、同局『スワンの涙』『愛しあってるかい!』89、『すてきな片想い』90など、トレンディドラマ全盛の時代にどこかアンニュイな空気をまとった個性が脇で光った。映画初出演は89年の原隆仁監督「べっぴんの町」。続く小平裕監督の青春ミステリー「ぼくと、ぼくらの夏」90では早くも主演をつとめ、透明感のある芝居と端正なルックスで注目を集める。翌91年には、金子修介監督「就職戦線異状なし」と山田洋次監督「息子」で好演し、特に後者で演じた永瀬正敏の恋人となる聾唖者の女性・川島征子役が評判で、キネマ旬報賞、日本アカデミー賞、ヨコハマ映画祭などの助演女優賞を多数受賞する。93年の松山善三監督「虹の橋」では、日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞。サントリー『モルツ』などCMにも多数起用されて好感度も上昇し、日本酒造りに打ち込むヒロインを演じた『夏子の酒』94、大企業の御曹司と恋に落ちる平凡なヒロインに扮した『妹よ』95、知的障害者の主人公を真摯に演じた『ピュア』96、ボクシングの世界に足を踏み入れる元OLの主人公を好演した『殴る女』98など、フジテレビの連続ドラマで次々と主演をつとめる。その間の95年11月、『夏子の酒』で共演した萩原聖人と結婚。99年に長男を出産する前後は仕事をセーブした時期もあったが、以後は主に助演に回り、TBS『世界で一番熱い夏』01、『First Love』02、『恋文・私たちが愛した男』03、テレビ朝日『動物のお医者さん』03、日本テレビ『あいのうた』05などのドラマで得難い存在感を発揮する。2003年に萩原と離婚。山中貞雄の名作の再映画化「丹下左膳・百万両の壺」04で9年ぶりに映画復帰してからは、君塚良一監督「MAKOTO」05、大森寿美男監督「風が強く吹いている」09、鈴木雅之監督「プリンセストヨトミ」11など映画出演が続いている。07年のNHK連続テレビ小説『ちりとてちん』のヒロイン・貫地谷しほりのキュートな母親役も評判を呼んだ。

和久井映見の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 劇場版 ラジエーションハウス

    制作年: 2022
    集英社のマンガ雑誌『グランドジャンプ』で連載中の『ラジエーションハウス』を映像化した人気ドラマシリーズの劇場映画版。放射線技師という裏方の活躍に焦点をあてた新たな医療エンタテイメント。離島で謎の感染症が発生、“チームラジハ”の新たな活躍が始まる。主人公の放射線技師・五十嵐唯織に窪田正孝のほか、本田翼、広瀬アリス、遠藤憲一などドラマのキャストがそのまま登場。監督は「マスカレード・ナイト」「HERO」シリーズの鈴木雅之。脚本はドラマ『ナイト・ドクター』『好きな人がいること』の大北はるか。
  • さんかく窓の外側は夜

    制作年: 2021
    ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。
    60
  • 小説の神様 君としか描けない物語

    制作年: 2020
    相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
  • いちごの唄

    制作年: 2019
    ドラマ『奇跡の人』の脚本家・岡田惠和と銀杏BOYZ・峯田和伸の共著による小説を映画化。工場で働くコウタは中学1年のとき、伸二という親友がいた。さえないふたりは大好きなあーちゃんこと天野千日のことを“天の川の女神”と呼んで崇拝していたが……。監督は、ドラマ『トドメの接吻』の菅原伸太郎。出演は、「九月の恋と出会うまで」の古舘佑太郎、「きみの鳥はうたえる」の石橋静河。
    80
  • 体操しようよ

    制作年: 2018
    草刈正雄が、定年退職を迎えたシングルファーザーを演じるヒューマンコメディ。妻に先立たれて18年、娘と共に家庭を営んできた60歳の佐野道太郎。ひょんなことから地元のラジオ体操に通うことになり、様々な世代の人々と出会いながら新たな世界を知っていく。共演は「羊の木」の木村文乃、「忍びの国」のきたろう、「ラストコップ THE MOVIE」の和久井映見、「勝手にふるえてろ」の渡辺大知。脚本は「森山中教習所」の和田清人と、「滝を見にいく」などのプロデューサー、春藤忠温。撮影を「ディストラクション・ベイビーズ」の佐々木靖之、音楽を「サバイバルファミリー」の野村卓史が担当。監督は「ハローグッバイ」「望郷」の菊地健雄。
    70
  • 君の膵臓をたべたい(2018)

    制作年: 2018
    2017年に実写版も公開され大ヒットを記録した、住野よる原作の同名小説を劇場アニメ化。ある日、“共病文庫”と記された女子高生・桜良の秘密の日記を偶然見つけたクラスメイトの『僕』は、周囲には明るく振る舞っている彼女が膵臓の病気で余命わずかなことを知る。主人公『僕』の声を「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」の高杉真宙、ヒロイン・山内桜良の声を「モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ」のLynnが担当。音楽は「リバーズ・エッジ」の世武裕子。監督・脚本は新鋭・牛嶋新一郎。
    65