白石和彌

白石和彌監督の新作「死刑にいたる病」、阿部サダヲが岡田健史を翻弄する本予告

「凶悪」「彼女がその名を知らない鳥たち」「孤狼の血」など話題作を連発する白石和彌監督の最新作! 櫛木理宇のミステリー小説を、阿部サダヲと岡田健史のダブル主演で映画化した「死刑にいたる病」が5月6日(金)に全国公開される。     解禁された本予告は、24人を手にかけた殺人鬼・榛村(阿部サダヲ)から冤罪証明を依頼された大学生・雅也(岡田健史)が、榛村と事件に翻弄されていく姿を映し […]

映画「主戦場」上映をめぐる『KAWASAKIしんゆり映画祭』の迷走

必要なのは、表現に関わる側の自衛と、享受する側の「表現の自由」を支える自覚  2019年10〜11月に川崎市で開かれた『KAWASAKI しんゆり映画祭』が、ドキュメ ンタリー映画「主戦場」上映をめぐって迷走した。一連の経緯 は、『あいちトリエンナーレ』「宮本から君へ」の問題と時期が重 なったこともあり、表現の自由の危機として注目された。  1995年に始まったしんゆり映画祭は、NPO法人KAWA […]