「彼岸のふたり」のストーリー

児童養護施設から巣立った西園オトセ(朝比奈めいり)はホテルの清掃係として働き始め、必死に自立の道を模索するが、幼少期に受けた虐待のトラウマが幻影・ソウジュン(ドヰタイジ)としてつきまとい続けていた。そんなオトセの元に、14年間音信不通だった母・陽子(並木愛枝)が突然現れ、金銭目的だと頭ではわかっていてもオトセは母との再会に喜びを感じる。しかし陽子が勤め先のホテルで騒動を起こし、オトセは故意ではないものの指導係の清掃員の女性を傷つけてしまい、仕事も住処も失ってしまう。一方、広川夢(寺浦麻貴)は女手ひとつで育ててくれた母が営む定食屋を手伝いながら地下アイドルとして活動していたところ、妊娠したことに気付く。望まぬ妊娠であるが、お腹の子の父親であるマネージャーに伝えられないまま、ステージに立った。そんな二人の人生が交差し、夢のラストステージに勇気づけられたオトセは、過去の自分と向き合うため、母が暮らす生家に向かう。