誰のせいでもない

だれのせいでもない EVERY THING WILL BE FINE
上映日
2016年11月12日

製作国
ドイツ カナダ フランス スウェーデン ノルウェー

制作年
2015
上映時間
118分

レーティング
PG-12
ジャンル
ドラマ

check解説

ヴィム・ヴェンダース監督が3D技術を用い製作した人間ドラマ。ある雪の日、作家のトーマスが車を走らせていたところ、突如子どもが飛び出してくる。事故を契機に、トーマス、彼の恋人サラ、編集者、子どもの母の人生が変わってしまう。2D/3D同時公開。罪の意識に苛まれるトーマスを「127時間」のジェームズ・フランコが演じるほか、「ニンフォマニアック」のシャルロット・ゲンズブール、「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」のレイチェル・マクアダムスらが出演。ヴェンダース監督が栄誉金熊賞を授与された第65回ベルリン国際映画祭(アウト・オブ・コンペティション)でワールド・プレミアされた。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】誰のせいでもない

TVで観る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

「誰のせいでもない」のストーリー

カナダのモントリオール郊外に恋人サラ(レイチェル・マクアダムス)と住む作家トーマス(ジェームズ・フランコ)は、仕事がうまくいかずサラとの関係もぎくしゃくしていた。ある日ささいな喧嘩をしたトーマスが、大雪の中、目的もなく車を走らせていたところ、車の前に何かが飛び出してくる。急ブレーキをかけ見に行くと、車の前に幼い少年が虚ろな様子で座り込んでいた。怪我も見当たらず安心したトーマスは少年を家まで送るが、少年の母ケイト(シャルロット・ゲンズブール)は息子の姿を見るや血相を変える。一つの事故がトーマス、サラ、トーマスを担当する編集者アン(マリ=ジョゼ・クローズ)、そして少年の母ケイトの人生を変えていく。

「誰のせいでもない」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「誰のせいでもない」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 ドイツ カナダ フランス スウェーデン ノルウェー
製作年 2015
公開年月日 2016年11月12日
上映時間 118分
配給 トランスフォーマー
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト http://www.transformer.co.jp/m/darenai/
コピーライト (C)2015 NEUE ROAD MOVIES MONTAUK PRODUCTIONS CANADA BAC FILMS PRODUCTION GÖTA FILM MER FILM ALL RIGHTS RESERVED.

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2016年12月上旬号 ランダムウォーク 「キネ旬」的映画の歩き方 「誰のせいでもない」 ヴェンダースを見続ける“覚悟”
REVIEW 日本映画&外国映画 「誰のせいでもない」
2016年11月下旬号 UPCOMING 新作紹介 「誰のせいでもない」