精神0

せいしんぜろ ZERO
上映日
2020年5月2日

製作国
日本 アメリカ

制作年
2020
上映時間
128分

レーティング
一般映画

check解説

第70回ベルリン国際映画祭にてフォーラム部門エキュメニカル審査員賞を受賞した想田和弘監督による観察映画第9弾。「精神」(08年)の主人公の一人である精神科医・山本昌知が82歳にして突然、引退することに。彼を慕ってきた患者たちは、戸惑いを隠しきれない。精神医療に捧げた人生のその後を見つめながら、病とは、老いとは、仕事とは、夫婦とは、そして愛とは何かを問いかける。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】精神0

TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 映画評論家
    川口敦子
    観察映画を裏打つ想田監督の徹底的に無邪気な好奇心を前にすると「映画のため」ならとの思いと「人として」のもやもやとに引き裂かれる。今回も例えば墓参の山道を往く老医... もっと見る
  • 編集者、ライター
    佐野亨
    こんな事態になり、試写室に足を運べずにいる。よって今回の4作品は、DVDと視聴リンクをもらい、一週間かけて自宅で観た。まず日曜日に観たのがこの作品。前作「精神」... もっと見る
  • 詩人、映画監督
    福間健二
    想田作品、「精神」と「港町」に飛躍点があったと思う。本作は「精神」で出会った医師を追い、「港町」からの延長線という面もある。前半は引退を決めた山本先生と不安がる... もっと見る

「精神0」のストーリー

精神科医・山本昌知が、82歳にして突然、引退することになった。彼のモットーは「病気ではなく人を看る」「本人の話に耳を傾ける」「人薬(ひとぐすり)」。様々な生きにくさを抱えた人々が孤独を感じることなく地域で暮らしていける方法を、山本は長年模索し続けてきた。そんな彼を慕い、“生命線”のようにして生きてきた患者たちは戸惑いを隠せない。やがて、引退した山本を待っていたのは妻・芳子さんとの新しい生活だった……。

「精神0」の映像

「精神0」の写真

「精神0」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「精神0」のスペック

基本情報
製作国 日本 アメリカ
製作年 2020
公開年月日 2020年5月2日
上映時間 128分
製作会社 Laboratory X
配給 東風
レイティング 一般映画
公式サイト https://seishin0.com/
コピーライト (C)2020 Laboratory X, Inc

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2020年7月上旬号 読者の映画評 「精神0」鬼嶋優/「ガルヴェストン」須田総一郎/「CURED キュア―ド」」小島弘之
2020年6月上旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「精神0」
2020年5月上・下旬合併号 「精神0」 批評
UPCOMING 新作紹介 「精神0」

今日は映画何の日?

注目記事