猿ノ王国

さるのおおこく
上映日
2022年4月2日

製作国
日本

制作年
2021
上映時間
75分

ジャンル
サスペンス・ミステリー

check解説

テレビ局で起きた隠蔽事件を社会の縮図になぞらえたスリラー。地下の編集室でコロナ・ワクチン特集の再編集が秘密裏に行われていた。担当ディレクターは怒りを露わにするが、編集室に監禁されてしまう。そのころ、最上階の役員室に責任者が呼び出されていた。監督・脚本は、「超擬態人間」の藤井秀剛。出演は、「狂覗」の坂井貴子、「半狂乱」の越智貴広。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 脚本家、映画監督
    井上淳一
    あまりの酷さに言葉がない。お話も人物の考えも行動も幼稚過ぎて、何度も途中で止めようと思う。最後まで観ても、意味が分からない。「本作はあくまでフィクションであり、... もっと見る
  • 日本経済新聞編集委員
    古賀重樹
    マスメディアの腐敗を暴く社会派ドラマなんだろうな、それにしてはリアリティーがないなあ、と思いながら見ていたら、実は高層階の役員室と地下の編集室という2つの密室で... もっと見る
  • 映画評論家
    服部香穂里
    テレビ局のビルの地下と最上階で繰り広げられる、阿鼻叫喚の図。ひたすら責任から逃れ、自らの保身のみに走る日本人の性根への、作り手の異様なまでの怒りが全篇にみなぎる... もっと見る

「猿ノ王国」のストーリー

コロナ・ワクチンに関するニュース特集の放送日。特集内容に問題が生じ、テレビ局の地下にある編集室で秘密裏に特集の再編集が行われていた。それを知った担当ディレクター・佐竹(坂井貴子)は、本人すら知らない再編集に怒りを露わにする。しかし、編集室を出ようとするとドアが開かず、もうひとりのディレクターと編集マンとともに監禁されてしまう。そのころ、テレビ局最上階の取締役員室にニュース特集の責任者である新人ディレクター・元川(越智貴広)が呼び出され、責任の是非が問われていた。報道部の上層部は再編集を勝手に行いながら、その責任を元川に背負わせようとしていたのだ。卑劣なやり方をしながら笑顔を絶やさない上司らの態度に元川は不満を爆発させ、再編集はさせないと宣言する。はたしてニュース特集は放送されるのか? 編集室に監禁した黒幕は誰なのか? テレビ局の天と地で繰り広げられる人間模様は、やがて憎しみに満ちた復讐劇を引き起こす……。

「猿ノ王国」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「猿ノ王国」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2021
公開年月日 2022年4月2日
上映時間 75分
製作会社 CFA=Skill(企画:Skill/制作プロダクション:CFA)
配給 POP
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ステレオ
公式サイト https://sarunooukoku.site/
コピーライト 2021(C)POP CO., LTD.

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2022年4月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「猿ノ王国」
2022年4月上旬号 UPCOMING 新作紹介 「猿ノ王国」