さかなのこ

さかなのこ
上映日
2022年9月1日

製作国
日本

制作年
2022
上映時間
139分

レーティング
一般映画
ジャンル
伝記 ドラマ

check解説

東京海洋大学名誉博士/客員教授の肩書を持ち、タレントとしても人気の“さかなクン”の自伝『さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~』を沖田修一が映画化。魚が大好きな“ミー坊”は、思いがけない出会いを繰り返す中、自分だけの道を進んでいく。出演は「Ribbon」ののん、「映画 太陽の子」の柳楽優弥、「MOTHER マザー」の夏帆、「PLAN75」の磯村勇斗。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 脚本家、映画監督
    井上淳一
    いつもの沖田修一に比して、明らかにユルい作り。そのスタイル自体が、普通ってなんだ?というテーマと通底する。映画ってなんだ?我々が常識(映画的)と考えているものは... もっと見る
  • 日本経済新聞編集委員
    古賀重樹
    これは一種の教養小説なんだろうなと思った。登場人物が経験を重ねながら成長して、何者かになる物語。主人公のミー坊だけでなく、紋切り型の千葉の不良少年たちも、すし職... もっと見る
  • 映画評論家
    服部香穂里
    さかなクン自ら負の分身のような人物を演じて鮮烈にフェイドアウトすることで、きわめて稀有なサクセスストーリーに根差すパラレルワールドに、妙な生々しさも加わる。その... もっと見る

「さかなのこ」のストーリー

お魚が大好きな小学生“ミー坊”は、寝ても覚めても頭にあるのはお魚のことばかり。お魚を毎日見つめ、毎日描き、毎日食べて。他の子どもと少し違うことを心配する父・ジロウ(三宅弘城)とは対照的に、母・ミチコ(井川遥)はミー坊を信じて応援し、背中を押し続けるのだった。高校生になり、相変わらずお魚に夢中のミー坊(のん)は、町の不良ともなぜか仲良し。まるで何かの主人公のようにいつの間にか中心にいる。やがて1人暮らしを始めたミー坊は、思いがけない出会いや再会の中で、たくさんの人に愛されながら、ミー坊だけが進むことのできるただ一つの道にまっすぐに飛び込んで行く……。

「さかなのこ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「さかなのこ」のスペック

基本情報
ジャンル 伝記 ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022年9月1日
上映時間 139分
製作会社 『さかなのこ』製作委員会(バンダイナムコフィルムワークス=東京テアトル=アナン・インターナショナル=日活=太洋産業貿易=KDDI=DOKUSO映画館=毎日新聞社)(企画・制作:東京テアトル/制作プロダクション:ジャンゴフィルム)
配給 東京テアトル
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト http://sakananoko.jp/
コピーライト (C)2022「さかなのこ」製作委員会

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.44 道枝駿祐「今夜、世界からこの恋が消えても」 SPECIAL ISSUE② Movies watched during summer vacation 夏休みは映画でしょ? 「自分はヒーローポジションの人」だと自覚するのんが無自覚なヒーロー=さかなクンを演じた日々 「さかなのこ」
2022年9月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「さかなのこ」
2022年9月上旬特別号 「さかなのこ」 インタビュー 沖田修一[監督]
グラビアインタビュー のん×さかなクン 「さかなのこ」
UPCOMING 新作紹介 「さかなのこ」

今日は映画何の日?

注目記事