犬も食わねどチャーリーは笑う

いぬもくわねどちゃーりーはわらう
上映日
2022年9月23日

製作国
日本

制作年
2022
上映時間
117分

レーティング
一般映画
ジャンル
コメディ ドラマ

check解説

「凪待ち」の香取慎吾主演、「箱入り息子の恋」の市井昌秀が監督・オリジナル脚本を手がけたコメディ。結婚4年目を迎える田村裕次郎と日和。表向きは仲良しな2人だったが、日和の過激なSNS投稿〈旦那デスノート〉がきっかけで引くに引けない夫婦喧嘩が勃発する。共演は「やがて海へと届く」の岸井ゆきの、「猫は逃げた」の井之脇海。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 映画・音楽ジャーナリスト
    宇野維正
    「郊外で生活するどこにでもいるような夫婦」を何の違和感もなく自然に演じてみせる香取慎吾と岸井ゆきの表現力は評価に値するが、だからと言って「郊外で生活するどこにで... もっと見る
  • 映画評論家
    北川れい子
    妻がSNSで自分の夫を槍玉にあげて悪口三昧とは。いくら理由があったとしても、まるで、いじめの意識もなく乱暴な言葉を投稿する小・中学生並みのレベルで、コメディ仕立... もっと見る
  • 映画文筆系フリーライター。退役映写技師
    千浦僚
    単に気の利いたネット文化っぽい憂さ晴らしかと思いきや、そこは越えた。ときに幼く、ときに老成して見える岸井ゆきのがよかったし、それを受ける香取慎吾もなかなか。主役... もっと見る

「犬も食わねどチャーリーは笑う」のストーリー

結婚4年目を迎える夫婦・田村裕次郎(香取慎吾)と日和(岸井ゆきの)。表向きは仲良しな2人だったが、日和は鈍感夫・裕次郎にイライラする毎日。積もりに積もった鬱憤を、SNS〈旦那デスノート〉に日々吐き出していた。そこには旦那たちが見たらゾッとするようなエグイ投稿がびっしり。そんなある日、ひょんなことから裕次郎が〈旦那デスノート〉の存在を知ってしまう。気になる投稿のペンネームは“チャーリー”。実は田村家で飼っているフクロウの名前もチャーリーだった。やがて、裕次郎vs日和の引くに引けない夫婦喧嘩が始まり……。

「犬も食わねどチャーリーは笑う」の映像

「犬も食わねどチャーリーは笑う」の写真

「犬も食わねどチャーリーは笑う」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「犬も食わねどチャーリーは笑う」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ドラマ
製作国 日本
製作年 2022
公開年月日 2022年9月23日
上映時間 117分
製作会社 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNER(木下グループ=CULEN)(制作プロダクション:ギークサイト)
配給 キノフィルムズ=木下グループ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://inu-charlie.jp/
コピーライト (C)2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2022年10月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「犬も食わねどチャーリーは笑う」
2022年10月上旬号 UPCOMING 新作紹介 「犬も食わねどチャーリーは笑う」
2022年9月上旬特別号 巻頭特集 香取慎吾という異物 「犬も食わねどチャーリーは笑う」 インタビュー 香取慎吾
巻頭特集 香取慎吾という異物 「犬も食わねどチャーリーは笑う」 鼎談 香取慎吾×岸井ゆきの×市井昌秀[監督・脚本]
巻頭特集 香取慎吾という異物 「犬も食わねどチャーリーは笑う」 エッセイ 俳優・香取慎吾の本領