凪待ち

なぎまち
上映日
2019年6月28日

製作国
日本

制作年
2018
上映時間
124分

レーティング
PG-12
ジャンル
サスペンス・ミステリー ドラマ

check解説

「孤狼の血」の白石和彌が香取慎吾を主演に迎えて贈るヒューマン・サスペンス。日々を無為に過ごしていた木野本郁男は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓の故郷で人生をやり直すことを決意。だが、度重なる不幸に、郁男は次第に自暴自棄になってゆく……。共演は「虹色デイズ」の恒松祐里、「新聞記者」の西田尚美、「万引き家族」のリリー・フランキー。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】凪待ち 通常版 DVD

  • 【BD】凪待ち 通常版 Blu-ray

  • 【DVD】凪待ち 豪華版 DVD

  • 【BD】凪待ち 豪華版 Blu-ray

TVで観る

この作品のレビュー

ユーザーレビュー

  • ミャーノフ大佐

  • 絶対色気値

    ギャンブル&アルコール依存症でだらしない男、郁男役・香取慎吾がいい。喧嘩ばかりする男で「ディストラクション・ベイビーズ」を思い出した。香取慎吾は新たに芸域を広げた。
    主な登場人物全員にドラマがある加藤正人脚本がいい。傑作。

  • EIGA FAN

「凪待ち」のストーリー

日々を無為に過ごしていた木野本郁男(香取慎吾)は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓(西田尚美)の故郷・石巻で人生をやり直す決意を固める。だが、亜弓の娘・美波(恒松祐里)から亜弓との結婚について尋ねられても、仕事もせずにぶらぶらしている自分の境遇を考えると、結婚を言い出すことのできない郁男。辿り着いた石巻には、末期がんに侵されながらも漁師として働く亜弓の父・勝美(吉澤健)が待っていた。亜弓の実家で勝美や美波と一緒に暮らすことになった郁男は、近所の小野寺(リリー・フランキー)とも親しくなる。仕事も見つかり、印刷会社で働き始めた郁男はある日、同僚に誘われ、競輪のノミ屋を訪れる。自分は賭けをしなかったものの、同僚たちにアドバイスをしたことで、再び血が騒ぎ始める。そんなある日、亜弓と喧嘩した美波が家を飛び出してしまう。心配した亜弓と共に探しに出る郁男だったが、些細なことから口論になり、亜弓を車から降ろしてしまう。だが、その夜遅く、亜弓は遺体となって戻ってきた。郁男と別れた後、何者かに殺害されたのだ。亜弓の死に責任を感じる郁男。さらに、会社でのトラブルに巻き込まれ、仕事もクビになってしまう。次々と訪れる不幸に郁男は、“自分がいると、悪いことが舞い込んでくる”と自暴自棄になってゆく……。

「凪待ち」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「凪待ち」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2019年6月28日
上映時間 124分
製作会社 キノフィルムズ
配給 キノフィルムズ
レイティング PG-12
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://nagimachi.com/
コピーライト (C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2020年3月上旬号 MOVIE at HOME ●DVD COLLECTION 「凪待ち」
2020年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号 2019年 第93回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞 読者選出日本映画ベスト・テン
2019年7月下旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「凪待ち」
2019年7月上旬号 UPCOMING 新作紹介 「凪待ち」
2019年6月下旬号 巻頭特集 喪失と再生の海へ「凪待ち」 インタビュー 香取慎吾
巻頭特集 喪失と再生の海へ「凪待ち」 インタビュー 恒松祐里
巻頭特集 喪失と再生の海へ「凪待ち」 インタビュー 白石和彌[監督]
巻頭特集 喪失と再生の海へ「凪待ち」 インタビュー 加藤正人[脚本]
巻頭特集 喪失と再生の海へ「凪待ち」 作品論
巻頭特集 喪失と再生の海へ「凪待ち」 作品論
2019年6月上旬特別号 撮影現場ルポ 「凪待ち」

今日は映画何の日?

注目記事