THE UPSIDE/最強のふたりの映画専門家レビュー一覧

THE UPSIDE/最強のふたり

世界中で大ヒットしたフランス映画「最強のふたり」をハリウッドでリメイク。スラム街出身でキャリアも教養もないお調子者のデルは、ハンディキャップを持つ大富豪フィリップの介護人として働くことに。二人はお互いに刺激し合い、充実した日々を送るが……。出演は、「ペット」シリーズのケヴィン・ハート、「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のブライアン・クランストン、「ある少年の告白」のニコール・キッドマン。監督は、「ダイバージェント」のニール・バーガー。
  • ライター

    石村加奈

    各々の人生に豊富と渇望を抱えた共通点を持つ「社会から無視された」二人の友情物語。オリジナルのフランス映画に、アメリカンドリーム(それは下町のアイスクリームのように、毒々しくも絶品らしい)が添えられる。大富豪フィリップ役のB・クランストンに加え、その秘書役、N・キッドマンの洗練が際立つ。ノーブルな二人に気圧されると、ムショ帰りのデルを演じたK・ハートのコミカルな芝居の魅力(これもまた、自由という名のアメリカンドリームだ)が半減するのでご用心を!

  • 映像ディレクター/映画監督

    佐々木誠

    大富豪だが四肢が麻痺している白人と前科を持ち貧困に苦しむ黒人、という社会的マイノリティ同士が出会い、お互いを救う。そんな実話を基にした一見“美しい”物語。私は障害を持った人のドキュメントを長年撮っているのだが、この二人の関係性はリアルだと思った。“障害者”と言っても、先天と後天ではまるで違う。大富豪が「自分は障害者になった」ことをあらためて突きつけられた時の絶望を描き、その後の希望を押し付けがましくなく提示しているところに制作者の誠実さを感じた。

1 - 2件表示/全2件