六角精児 ロッカクセイジ

  • 出身地:兵庫県
  • 生年月日:1962/06/24

略歴 / Brief history

兵庫県の生まれ。本名・山地克明。神奈川県立厚木高校在学中に、のちに劇作家・演出家となる横内謙介率いる演劇部に所属し、横内の処女作『山椒魚だぞ!』で全国高等学校演劇大会に関東代表として出場。優秀賞と創作脚本賞を受賞する。浪人時代の1981年、横内を中心に旗揚げされた劇団模様劇場に参加。その後、横内ら高校時代の仲間と“善人会議”を結成し、それまでの本名から“六角精児”に改名して、『冬のコンサート・優しさを持て余した、僕たちは』83、『家庭の悲劇』85、『夜曲・放火魔ツトムの優しい夜』86、『フォーティブラス』90などで看板役者として活躍する。80年代小劇場ブームにおける人気劇団のひとつとなった善人会議は、93年から“劇団扉座”と改称し、以降も横内、六角らを中心に活動を続ける。94年に、蜂須賀健太郎監督のオムニバス「黄昏のアインシュタイン」の駅員役で映画初出演。その後はテレビドラマにも進出し、フジテレビ『ナニワ金融道』96~05の帝國金融社員・元木清、三谷幸喜脚本の同局『合い言葉は勇気』00の役所広司のマネージャー役などで注目される。2000年、出世作となるテレビ朝日『相棒』の最初の単発ドラマ版第2作に、鑑識課員・米沢守役で出演。特命係を陰からサポートし、時に事件解決の糸口を示す米沢を軽妙洒脱に演じ、以降のシリーズでもレギュラーとして登場する。数多い脇役たちの中でもひと際高い人気を獲得して、米沢を主人公としたスピンオフ「鑑識・米沢守の事件簿」09で映画初主演も飾った。舞台で鍛えた演技力と特異な風貌から、映画・ドラマで個性的な脇役を多くつとめ、フジテレビ『電車男』05の関西弁のネット掲示板住人、日本テレビ『セクシーボイスアンドロボ』07のフィギュアオタクなどが印象に残る。テレビドラマはほかに、フジテレビ『ロケット・ボーイ』01、『Ns'(ナース)あおい』06、NHK『こころ』03、日本テレビ『すいか』03、『傍聴マニア09・裁判長!ここは懲役4年でどうすか』09、テレビ朝日『アンナさんのおまめ』06、『同窓会/ラブ・ゲイン症候群』10、『陽はまた昇る』11、TBS『オルトロスの犬』09、『美男(イケメン)ですね』11、BS朝日『7万人探偵ニトベ』09、『家族法廷』11など多数。

六角精児の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 映画「おいハンサム!!」

    制作年: 2024
    伊藤理佐による漫画を原作とした“恋”と“家族”と“ゴハン”をめぐる深夜TVドラマを映画化。どこにでもいる家族・伊藤家の源太郎と妻・千鶴。だが由香・里香・美香の三姉妹は、恋や仕事に悩み、人生に迷ってばかり。幸せを見失いながら、もがき続けていた……。TV版に続き、吉田鋼太郎、木南晴夏、佐久間由衣、武田玲奈、MEGUMIが伊藤家の家族を演じるほか、「恋わずらいのエリー」の宮世琉弥、「ALIVEHOON アライブフーン」の野村周平といった新キャストも登場。監督は「闇金ウシジマくん」シリーズの山口雅俊。
  • 仕掛人・藤枝梅安

    制作年: 2023
    池波正太郎の時代小説『鬼平犯科帳』『剣客商売』とともに人気の高いシリーズを映画化する第一弾。人の命を救う「鍼医」と人を殺める「仕掛人」という二つの顔をもつダークヒーロー・藤枝梅安が、江戸ノアールの世界で活躍する。清濁あわせのむ矛盾した存在・梅安を演じるのは、「必死剣 鳥刺し」「ミッドウェイ」の豊川悦司。相棒の彦次郎を片岡愛之助が演じる。同じく池波原作である「雨の首ふり坂」の大森寿美男が脚本を書き、河毛俊作が監督。一作目は天海祐希、柳葉敏郎らが出演。
  • ある役者達の風景

    制作年: 2021
    緊急事態宣言解除後、ベテラン俳優たちが撮影期間半日、制作費0円で制作し、話題を集めた短編映画を長編映画にリメイク。コロナ禍により劇場から客足が遠のく中、壮年の舞台俳優・大谷は、俳優仲間の草野、中西とたった3人で”独劇”の公演に挑むが……。出演は「ダンスウィズミー」の大谷亮介。その他、モロ師岡、半海一晃、マギー、余貴美子ら錚々たる俳優陣が友情出演。
  • コンビニエンス・ストーリー

    制作年: 2022
    「大怪獣のあとしまつ」の三木聡監督による異世界アドベンチャー。スランプに陥り悶々と悩む日々を過ごす若手脚本家・加藤は、ひょんなことから欲しいものがなんでも見つかるコンビニエンス・ストア“リソーマート”に迷い込み、怪しげな人妻・惠子と出会う。出演は、「ニワトリ・フェニックス」の成田凌、「葬式の名人」の前田敦子、「すばらしき世界」の六角精児、「フタリノセカイ」の片山友希。
  • ハケンアニメ!

    制作年: 2022
    アニメ業界を舞台にした直木賞作家・辻村深月の小説を映画化。連続アニメ『サウンドバック奏の石』で念願の初監督に挑む斎藤瞳は、一筋縄ではいかないスタッフや声優たちを巻き込み、天才・王子千晴監督の『運命戦線リデルライト』と覇権争いを繰り広げる。出演は「泣く子はいねぇが」の吉岡里帆、「ウェディング・ハイ」の中村倫也、「真夜中乙女戦争」の柄本佑、「茜色に焼かれる」の尾野真千子。監督は「水曜日が消えた」の吉野耕平
  • ウェディング・ハイ

    制作年: 2022
    笑いの鬼才・バカリズムによる脚本を、「勝手にふるえてろ」の大九明子監督が篠原涼子主演で映画化。ウェディングプランナーの中越に支えられ、ようやく結婚式当日を迎えることができた石川彰人と新田遥。だが、式に人生を懸けていたのは2人だけではなかった。共演は「ファーストラヴ」の中村倫也、「コンフィデンスマンJP」シリーズの関水渚。