石井裕也 イシイユウヤ

  • 出身地:埼玉県
  • 生年月日:1983/06/21

略歴 / Brief history

大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業、日本大学大学院芸術学研究科映像芸術専攻修士課程修了。2005年『剥き出しにっぽん』を大阪芸術大学の卒業制作として監督。同作にて2007年第29回ぴあフィルムフェスティバルグランプリを受賞。2008年、第37回ロッテルダム国際映画祭では「剥き出しにっぽん」、「反逆次郎の恋」、「ガール・スパークス」、「ばけもの模様」の自主制作映画4作品が特集上映される。日本でもほとんど知られていない新人監督の自主制作映画が特集上映されるという異例の扱いだったが、チケットが完売となり約4000人を動員。第32回香港国際映画祭においても長編4作品が特集上映され、アジア・フィルム・アワードで第1回『エドワード・ヤン記念』アジア新人監督大賞を受賞。2009年、第19回PFFスカラシップ作品「川の底からこんにちは」で第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少(28歳)で受賞。翌2010年10月25日、同作の主演女優、満島ひかりと入籍。2013年公開の「舟を編む」で第87回キネマ旬報ベスト・テン日本映画監督賞受賞。

石井裕也の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 本心

    制作年: 2024
    「大事な話があるの」と言い残しながらも、自ら死を望み急逝した母。息子の朔也は、母の本心を知るため最先端の AI企業に「母を作ってほしい」と依頼する。テクノロジーは、人の心を再現できるのかを問うヒューマンミステリー。
  • 愛にイナズマ

    制作年: 2023
    石井裕也が松岡茉優と窪田正孝をダブル主演に迎えて贈るヒューマンドラマ。プロデューサーに騙され、映画監督デビューの夢が泡と消えた26歳の折村花子は、ふと立ち寄ったバーで出会った舘正夫と共に反撃を決意。10年以上音信不通だった家族の元を訪れる。共演は「シン・仮面ライダー」の池松壮亮、「窓辺にて」の若葉竜也、「春に散る」の佐藤浩市。
  • 月(2023)

    制作年: 2023
    実際の障害者殺傷事件を題材にした辺見庸による同名小説を原作に「茜色に焼かれる」の石井裕也監督が映画化。重度障害者施設で働き始めた元・作家の堂島洋子。職員による入所者への心ない扱いや暴力を目にする洋子だったが、それを訴えても聞き入れてもらえず……。出演は「湯を沸かすほどの熱い愛」の宮沢りえ、「PLAN75」の磯村勇斗、「翔んで埼玉」の二階堂ふみ、「658km、陽子の旅」のオダギリジョー。
  • アジアの天使

    制作年: 2021
    「生きちゃった」の石井裕也監督が、メンバーの95%以上が韓国というスタッフ・出演チームを組み、全編韓国ロケをした人間ドラマ。妻を失い韓国にいる兄の元へ行く剛。家族関係に悩むタレントのソル。二つの家族がソウルで出会い、新しい家族の形を模索する。「ぼくたちの家族」はじめ石井監督と5度目のタッグになる池松壮亮が本作で韓国初進出。剛の兄をキム・ギドク監督作「人間の時間」など海外作品に多数出演するオダギリジョーが、ソルを「金子文子と朴烈」のチェ・ヒソが演じる。第16回大阪アジアン映画祭クロージング作品。
    45
  • 茜色に焼かれる

    制作年: 2021
    石井裕也監督が、尾野真千子主演で撮り上げた激しくも切ない魂のドラマ。7年前、理不尽な交通事故で夫を亡くした良子と中学生の息子・純平。花屋のバイトと夜の仕事の掛け持ちを続ける良子だったが、それでも家計は苦しく、そのせいで純平はいじめにあっていた。共演は「君が世界のはじまり」の片山友希、「エルネスト」のオダギリジョー、「星の子」の永瀬正敏。
    90
  • 生きちゃった

    制作年: 2020
    石井裕也自身によるオリジナル脚本を「静かな雨」の仲野太賀主演で映画化。妻と5歳の娘と共に平凡に暮らしている厚久。ある日、厚久が会社を早退して家に帰ると、妻が見知らぬ男と情事に耽っていた。突然の出来事に厚久は怒ることも悲しむこともできず……。共演は「ロマンス」の大島優子、「愛がなんだ」の若葉竜也。