宮崎美子 ミヤザキヨシコ

  • 出身地:熊本県熊本市
  • 生年月日:1958/12/11

略歴 / Brief history

熊本県熊本市の生まれ。熊本大学法文学部法学科在学中の1980年、『週刊朝日』の“篠山紀信があなたを撮ります、キャンパスの春”に応募し、1月25日号の表紙に写真が掲載される。これがきっかけで、カメラメーカー・ミノルタのCMに出演。木陰でTシャツとGパンを脱ぐ仕草が評判となる。同年、TBSの昼帯ドラマ『元気です!』の主演に抜擢され、女優デビュー。翌81年には、同局『2年B組仙八先生』に教師役でレギュラー出演し、人気クイズ番組『クイズダービー』の解答者にもなるなど、短期間のうちに売れっ子になった。映画初出演は83年の根岸吉太郎監督「俺っちのウエディング」。さらに85年、黒澤明監督「乱」に起用され、根津甚八扮する次郎の正室・末の方を演じて脚光を浴びる。映画女優として開花したのは、黒澤明の遺稿をもとに直弟子の小泉堯史が初監督した「雨あがる」00。仕官を求める浪人の夫(寺尾聰)を支える妻・たよの奥ゆかしい聡明さと彼女の持ち味が合致して、日本アカデミー賞優秀主演女優賞、ブルーリボン賞助演女優賞をもたらした。近年はさまざまなかたちで母親役を演じる機会が多く、2010年には李相日監督「悪人」、香月秀之監督「君が踊る、夏」、廣木隆一監督「雷桜」など多数に出演を重ねた。テレビドラマはほかに、NHK『翼をください』88、『精霊流し』02、『農家のヨメになりたい』04、『風のハルカ』05、TBS『女ともだち』86、『だいじょーぶママ』97、『太陽の季節』02、フジテレビ『のだめカンタービレ』06、『まるまるちびまるこちゃん』07~08など。舞台も『御宿かわせみ』84を皮切りに、『冬の旅』87、『頭痛肩こり樋口一葉』94、『午後の遺言状』97、『ハッピー・バースディ』03などに出演している。89年に制作会社スタッフの男性と結婚したが、1年4カ月で離婚。91年にそれまでの本名から芸名を“宮﨑淑子”と改め、00年から再び本名に戻した。

宮崎美子の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 宮田バスターズ(株)大長編

    制作年: 2020
    短編SF「宮田バスターズ(株)」でカナザワ映画祭2019『期待の新人監督』に選出された坂田敦哉監督が、同作を再構築し長編化。長年宇宙生物の駆除を業務にしてきた企業・宮田バスターズ(株)。しかしテクノロジーの進歩により中小企業の均衡が崩れ始め……。PFFアワード2016グランプリを獲得した「食卓」に主演した渡部直也が宮田バスターズ(株)社長を引き続き演じるなど、短編版「宮田バスターズ(株)」のキャスト陣が再び集結したほか、宮崎美子が特別出演している。
  • 孤狼の血 LEVEL2

    制作年: 2021
    暴力団対策法成立直前の広島を舞台に警察とやくざが壮絶な争いを繰り広げる「孤狼の血」の3年後を描いたバイオレンス映画。マル暴の刑事・大上の遺志を継いだ若き刑事・日岡は、権力を用い暴力組織を取り仕切っていたが、ある男の出所により事態が急転する。柚月裕子の『孤狼の血』シリーズ三部作をベースに、原作では描かれていない映画オリジナルストーリーを紡ぐ。前作から引き続き「凶悪」の白石和彌が監督、「新聞記者」の松坂桃李が刑事の日岡を演じる。また、日岡と火花を散らす悪のカリスマ・上林を「ひとよ」の鈴木亮平が演じる。
    92
  • 太陽は動かない

    制作年: 2020
    「悪人」「怒り」など映像化が相次ぐ小説家・吉田修一によるサスペンスを「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が映画化。心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織のエージェント鷹野と田岡は、24時間ごとに命の危険が迫る中、各国のエージェントと頭脳戦を繰り広げる。24時間ごとに定期連絡をしないと爆死する鷹野と田岡を「カイジ」シリーズの藤原竜也と「センセイ君主」の竹内涼真が演じるほか、「愛を歌う花」のハン・ヒョジュ、ドラマ『ミセン -未生-』のピョン・ヨハンといった韓国スターも参加。日本に加えブルガリアで大規模ロケが行われた。原作者の吉田修一によるストーリー原案を基にしたWOWOWプライムで放送の『連続ドラマW 太陽は動かない -THE ECLIPSE-』と連動。
    50
  • 未来のミライ

    制作年: 2018
    「サマーウォーズ」の細田守が贈るSFファンタジー。妹が生まれたばかりの4歳の少年くんちゃんの前にある日、セーラー服の少女が現れる。彼女は、未来からやって来た妹のミライちゃんだった。ミライちゃんに導かれ、時を越えたくんちゃんの冒険が始まる。声の出演は「羊と鋼の森」の上白石萌歌、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の黒木華、「夜は短し歩けよ乙女」の星野源。
    74
  • 野球部員、演劇の舞台に立つ!

    制作年: 2018
    福岡県八女市を舞台に価値観の異なる高校生たちの成長を綴る、実話を基にした青春ドラマ。県大会予選一回戦でエラーし敗退した野球部に、演劇部は部員レンタルを依頼。エラーした当人ら3人が助っ人に送り出され、互いに反発しながらも芝居を作りあげていく。監督は「あつい壁」の中山節夫。野球経験のある、「人狼ゲーム プリズン・ブレイク」の渡辺佑太朗らが出演。
  • たたら侍

    制作年: 2017
    EXILE HIROプロデュースのもと、劇団EXILEの青柳翔と錦織良成監督が「渾身 KON-SHIN」に続いてタッグを組んだ時代劇。戦国時代末期、奥出雲に伝わる幻の鋼を代々作る家に生まれた伍介は、村を守るために強くなろうと侍を志すが……。ほか、ダンス&ヴォーカルユニットEXILEおよび三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのパフォーマー小林直己、「0.5ミリ」の津川雅彦らが出演。第40回モントリオール世界映画祭最優秀芸術賞受賞作品。劇場公開に先駆け、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017にて上映(上映日:2017年3月4日)。