自虐の詩

じぎゃくのうた
上映日
2007年10月27日

製作国
日本

制作年
2007
上映時間
115分

レーティング
ジャンル
コメディ

check解説

幼い頃から不幸ばかりに見舞われてきた女性の半生を描いたヒューマン・コメディ。「日本一泣ける4コマ漫画」として伝説化されてきた業田良家の原作コミックを、「包帯クラブ」の堤幸彦が監督。主人公の幸江に、「嫌われ松子の一生」の中谷美紀。その内縁の夫で元ヤクザの葉山イサオに「トリック」シリーズ、「大帝の剣」の阿部寛。さらには、遠藤憲一、カルーセル麻紀、竜雷太、名取裕子、西田敏行といった芸達者なキャストたちが脇を支える。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
  • 【DVD】映画「自虐の詩」ナビゲートDVD いつまでも七転八倒 ~森田幸江 篇~

  • 【DVD】自虐の詩 プレミアム・エディション

TVで観る

ユーザーレビュー

「自虐の詩」のストーリー

窓から通天閣の見える大阪・飛田の小さなアパートで、幸江(中谷美紀)は内縁の夫であるイサオ(阿部寛)と暮らしていた。元ヤクザのイサオはまともに勤めることもなく酒とギャンブルに溺れ、幸江が近所の中華料理屋で働くことで生計を立てていた。無口で気性の荒いイサオは、ことあるごとに部屋のちゃぶ台をひっくりかえす。それでも、ひたすらイサオに尽くす幸江の健気さに、隣の住人である小春(カルーセル麻紀)は胸を痛めていた。一方、中華料理屋の主人(遠藤憲一)は秘かに幸江に思いを寄せて、プロポーズの機会をうかがっている。そんなある日、幸江の中学時代に逮捕された父親の家康(西田敏行)が出所して、幸江のもとに現れる。妻に家出された家康は、キャバレーのホステス(名取裕子)を口説いて、その再婚資金を得るために銀行に押し入ったのだった。イサオは、ふたたび暴力団の組員となる誘いを組長(竜雷太)から受けていた。と、幸江の妊娠が発覚する。親もヤクザでその血を受け継いだイサオは苦悩のあげく、失踪してしまう。それでもイサオの子供を産もうと、身重な身体で必死に働き続ける幸江。しかし、誤って歩道橋から転落した彼女は救急車で病院へ運ばれた。手術を受け、ベッドで昏睡する幸江は過去の日々を思い出していた。貧乏だった幼い日。父の逮捕後、唯一の友人として励ましてくれた同級生の熊本さん。覚せい剤に溺れて、自分の肉体を売っていた若き日々。そんな頃、チンピラ時代のイサオと知りあった。イサオは、組長に盃を返して小指を詰め、幸江と一緒になった。そして、二人で海に行った幸せな新婚時代…。意識が戻ったとき、幸江の前にはイサオがいた。「三人で、海へ行こう」イサオの言葉に、幸江は涙が止まらなかった。半年後、生まれたばかりの赤ん坊と一緒に、海辺でたたずむ幸江とイサオの姿があった。

「自虐の詩」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「自虐の詩」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 日本
製作年 2007
公開年月日 2007年10月27日
上映時間 115分
製作会社 S・D・P/松竹/ジェネオンエンタテインメント/竹書房/衛星劇場/電通/スカパーウェルシンク/日販/オフィスクレッシェンド/パルコ/Yahoo!JAPAN/エイベックス・エンタテインメント
配給 松竹
レイティング
カラー/サイズ カラー

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2007年5月上旬号 巻頭特集 快優・阿部寛 阿部寛の現場~「自虐の詩」撮影現場ルポ
2007年11月上旬特別号 作品特集 「自虐の詩」 中谷美紀 インタビュー
作品特集 「自虐の詩」 阿部寛 インタビュー
作品特集 「自虐の詩」 堤幸彦[監督] インタビュー
作品特集 「自虐の詩」 作品評
2007年12月下旬号 劇場公開映画批評 自虐の詩

今日は映画何の日?

注目記事