サタデー・フィクション

さたでーふぃくしょん SATURDAY FICITON
上映日
2023年11月3日

製作国
中国

制作年
2019
上映時間
126分

レーティング
一般映画
ジャンル
ラブロマンス サスペンス・ミステリー ドラマ

check解説

ロウ・イエが太平洋戦争勃発直前の上海を舞台に贈る愛と謀略の物語。密かにスパイとして暗躍する人気女優ユー・ジンが、日中欧が諜報合戦を繰り広げる魔都・上海を訪れ、太平洋戦争開戦の情報を入手するため、フランスが仕掛けたマジックミラー作戦が始まる。出演は「さらば、わが愛/覇王別姫」のコン・リー、「月」のオダギリジョー、「おまえの罪を自白しろ」の中島歩。
映画館で観る
配信で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

ユーザーレビュー

「サタデー・フィクション」のストーリー

日本軍の占領を免れた上海の英仏租界は、当時“孤島”と呼ばれていた。魔都と呼ばれる上海では、日中欧の諜報部員が暗躍、機密情報の行き交う緊迫したスパイ合戦が繰り広げられていた。日本が真珠湾攻撃を決行する7日前の1941年12月1日。魔都・上海に、人気女優ユー・ジン(コン・リー)が現れる。新作舞台『サタデー・フィクション』に主演するためだ。だが同時に、幼い頃、フランスの諜報部員ヒューバート(パスカル・グレゴリー)によって孤児院から救出された過去を持つこの大女優は、諜報部員として訓練を受け、銃器の扱いに長けた“女スパイ”という裏の顔も持っていた。そして2日後の12月3日。日本から海軍少佐の古谷三郎(オダギリジョー)が、暗号更新のため、海軍特務機関所属の梶原(中島歩)と共に上海にやってくる。ヒューバートは“古谷の日本で亡くなった妻は君にそっくりだ”とユー・ジンに告げる。それは、古谷から太平洋戦争開戦の奇襲情報を得るため、フランス諜報部員が仕掛けたマジックミラー作戦の幕開けだった……。

「サタデー・フィクション」の写真

「サタデー・フィクション」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サタデー・フィクション」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 中国
製作年 2019
公開年月日 2023年11月3日
上映時間 126分
製作会社 千易時代=依英影視=佰安影業=天意影視=伊犁卓然影業有限公司=霍爾果斯聚合影聯文化傳媒有限公司=上海千易源文化傳媒有限公司=凡魚傳媒(北京)有限公司
配給 アップリンク
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト https://www.uplink.co.jp/saturdayfiction/
コピーライト (C)YINGFILMS

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2023年11月号 巻頭特集 映画について語るたのしみ Talk03 「サタデー・フィクション」 対談 オダギリジョー×中島歩
巻頭特集 映画について語るたのしみ Talk03 「サタデー・フィクション」 コラム 撮影現場のロウ・イエ
UPCOMING新作紹介 「サタデー・フィクション」