ベル・エポックでもう一度

べるえぽっくでもういちど LA BELLE EPOQUE
上映日
2021年6月12日

製作国
フランス

制作年
2019
上映時間
115分

レーティング
R-15
ジャンル
ドラマ

check解説

フランスの名優ダニエル・オートゥイユとファニー・アルダンが共演したロマンティック・コメディ。妻との仲が冷え切ったヴィクトルは、生涯忘れられない“あの日”を広大な映画撮影セットで再体験する<タイムトラベルサービス>を息子からプレゼントされ、大切な記憶が蘇る。ヴィクトルが指定した日は<運命の女性>と出会った1974年の“あの日”。撮影セットで俳優たちが演じて見せる素晴らしい時間はヴィクトルに人生の変化をもたらす。監督・脚本・音楽は「タイピスト!」などに出演し、本作が監督第2作となるニコラ・ブドス。元売れっ子イラストレーターの主人公ヴィクトルをダニエル・オートゥイユ、妻のマリアンヌをファニー・アルダンが演じ、2019年のフランスのセザール賞3部門に輝いた。<タイムトラベルサービス>の生みの親アントワーヌには「セザンヌと過ごした時間」のギヨーム・カネ、彼の恋人でヴィクトルの<運命の女性>を演じることになるマルゴには「ザ・ゲーム 赤裸々な宴」のドリア・ティリエ。フランスが誇る至宝と若き才能のハーモニーで、今を生きるすべての人への讃歌が紡がれる。
映画館で観る
Blu-ray&DVDで観る
TVで観る

この作品のレビュー

映画専門家レビュー

  • 非建築家、美術家、映画評論、ドラァグクイーン、アーティスト
    ヴィヴィアン佐藤
    語り直しによる治癒効果。過去/現在/未来は一方向に流れるものでもなく、過去の出来事は固定されたものではなく、何度も語り直し救済することができる。また現在の私たち... もっと見る
  • フリーライター
    藤木TDC
    タイムスリップし青春を再体験する日本映画なら甘口ファンタジーでやりそうなテーマを、撮影所を使った個人向けリアリティショー・ビジネスに置き換えた発想はやられた感。... もっと見る
  • 映画評論家
    真魚八重子
    遊び心に溢れた作品だが、非現実的で地に足がついていない居心地の悪さも覚える。設定が大がかりすぎて、オリジナルルールのゲームとしてあり得ないため、砂上の楼閣を眺め... もっと見る

「ベル・エポックでもう一度」のストーリー

何もかもがデジタル化された世の中についていけない元売れっ子イラストレーターのヴィクトル。仕事を失い、妻のマリアンヌにも見放された彼を元気づけようと、息子のマクシムは友人のアントワーヌが始めた<タイムトラベルサービス>をプレゼントする。それは、映画製作の技術で、客が戻りたいと思う過去を広大なセットに再現する体験型のエンターテイメントだった。ヴィクトルは「1974年5月16日のリヨン」をリクエストする。指定されたセットに行くと、まさに1974年のリヨンの街並みと彼が泊まったホテルが存在していた。部屋に用意された70年代ファッションに着替え、今はなき想い出のカフェで女優のマルゴが演じる<運命の女性>と出会うヴィクトル。記憶どおりの輝かしき日々の再体験にすっかり夢中になり、見違えるほどイキイキしたヴィクトルは、サービス延長のために、唯一にして全財産の別荘まで売り払ってしまう……。

「ベル・エポックでもう一度」の映像

「ベル・エポックでもう一度」の写真

「ベル・エポックでもう一度」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ベル・エポックでもう一度」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 2019
公開年月日 2021年6月12日
上映時間 115分
製作会社 Les Films du Kiosque=France 2 Cinema=Orange Studio=Pathe=Hugar Prod=UMedia=Les Fils de
配給 キノフィルムズ(提供:木下グループ)
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト https://www.lbe-movie.jp/
コピーライト (C)2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHE FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINEMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

関連するキネマ旬報の記事

関連記事一覧
2021年7月上旬号 REVIEW 日本映画&外国映画 「ベル・エポックでもう一度」
2021年6月下旬特別号 UPCOMING 新作紹介 「ベル・エポックでもう一度」