平川雄一朗 ヒラカワユウイチロウ

平川雄一朗の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • 耳をすませば(2022)

    制作年: 2022
    柊あおいが『りぼん』(集英社)で連載し、スタジオジブリがアニメ映画化した青春恋愛漫画『耳をすませば』を実写映画化。読書が大好きな女の子・月島雫が、夢に向かって生きる男の子・天沢聖司に想いを寄せる中学生時代の物語に、完全オリジナルの10年後の物語を加えて描く。大人になって児童書の編集者となった月島雫を清野菜名が、チェロ奏者として活動する天沢聖司を松坂桃李がW主演で演じる。中学生時代の二人には安原琉那、中川翼。監督は平川雄一朗、主題歌は杏がカバーする名曲「翼をください」。雫が働く出版社の部長に音尾琢真、先輩役に松本まりか、後輩役に中田圭祐、雫が担当する作家・園村役に田中圭。また、雫の両親を小林隆、森口瑤子、さらに聖司の祖父であり地球屋の店主でもあるおじいさんを近藤正臣一方が演じている。
  • 約束のネバーランド

    制作年: 2020
    白井カイウ&出水ぽすか原作の人気コミックを浜辺美波主演で映画化。楽園のような孤児院“グレイス=フィールドハウス”で暮らすエマ、レイ、ノーマン。だがある日、その恐るべき正体を知った3人は、孤児たちを引き連れ、脱獄計画をスタートさせるが……。共演は「万引き家族」の城桧吏、『仮面ライダージオウ』の板垣李光人。監督は「記憶屋 あなたを忘れない」の平川雄一朗。
  • 記憶屋 あなたを忘れない

    制作年: 2020
    第22回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞した織守きょうやの小説『記憶屋』をHey! Say! JUMPの山田涼介主演で映画化。恋人の杏子から遼一に関する記憶だけがなくなり、遼一は失われた記憶を取り戻させるため、人の記憶を消せると噂される記憶屋を探し奔走する。監督は「春待つ僕ら」の平川雄一朗。記憶屋を探すうちに人々の思いに触れていく大学生の遼一を山田涼介が、遼一の幼馴染・真希を「居眠り磐音」の芳根京子が、遼一の記憶だけがなくなった恋人・杏子を「鋼の錬金術師」の蓮佛美沙子が、遼一と共に記憶屋を探す弁護士・高原を「嘘八百」の佐々木蔵之介が演じる。
    81
  • 春待つ僕ら

    制作年: 2018
    あなしん原作の同名コミックを実写映画化。美月は高校入学を機に“脱ぼっち”を目指すがうまく行かない。そんな彼女のバイト先に永久らバスケ部員4人が現れる。次第に彼らに心を許していく美月。永久とお互い気になり始めたとき、幼なじみの亜哉と再会する。出演は、「累 かさね」の土屋太鳳、「君の膵臓をたべたい」の北村匠海、「曇天に笑う」の小関裕太、「恋は雨上がりのように」の磯村勇斗、「あのコの、トリコ。」の杉野遥亮、「私の人生なのに」の稲葉友。監督は、「ROOKIES 卒業」の平川雄一朗。
    90
  • 僕だけがいない街

    制作年: 2016
    『マンガ大賞』や『このマンガがすごい!』に2年連続ランクインした同名ミステリー漫画を、「ツナグ」の平川雄一朗監督が映画化。悪い出来事を止めるまで時間が巻き戻る売れない漫画家が、18年前に起きた児童連続誘拐事件に向き合う。時空移動(タイムリープ)に巻き込まれ幼少期をやり直す売れない漫画家を「藁の楯 わらのたて」「DEATH NOTE デスノート」の藤原竜也が、凶悪犯に命を狙われる女性を「ビリギャル」「ストロボ・エッジ」の有村架純が演じる。
    60
  • 想いのこし

    制作年: 2014
    岡本貴也の小説『彼女との上手な別れ方』を映画化したヒューマンドラマ。不慮の事故で亡くなった人たちの想いを、残された人に伝えることになった男の心境の変化を描く。出演は、「オー!ファーザー」の岡田将生、「桜、ふたたびの加奈子」の広末涼子、「トリハダ 劇場版」の木南晴夏。監督は、「ツナグ」の平川雄一朗。
    80

今日は映画何の日?

注目記事