シシド・カフカ シシドカフカ

  • 生年月日:1985/06/23

シシド・カフカの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • リボルバー・リリー

    制作年: 2023
    長浦京による同名小説を原作に「窮鼠はチーズの夢を見る」の行定勲が映画化。1924年、東京。謎の男たちに屋敷を襲われ女中らを惨殺された細見慎太。追っ手に取り囲まれ、窮地に陥る彼の前に現れたのは小曾根百合。その手には、S&W M1917リボルバーが握られていた。出演は「はい、泳げません」の綾瀬はるか、「シン・ゴジラ」の長谷川博己、Go!Go!kids/ジャニーズJr.のメンバーで幼少期から俳優としてもキャリアを積んできた羽村仁成。
  • 分子の音色 A scientist and a musician

    制作年: 2021
    自由を体現する二人の人物が辿ってきた道のりに迫ったドキュメンタリー。中学校・高校の同級生である有機化学者の中村栄一と古楽器奏者の渡邊順生。母校の自由な校風や恩師、東大入試が中止された1969年の出来事など、二人のこれまでと現在が明かされる。監督は、「谷川さん、詩をひとつ作ってください。」の杉本信昭。ナレーションは、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」のシシド・カフカ。
  • TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

    制作年: 2016
    俳優や脚本家として映画やテレビ、舞台等多方面で活躍する劇団『大人計画』の宮藤官九郎の監督による狂騒的コメディ。修学旅行中に事故死した男子高校生が、好きな女子にキスしたい一心で鬼に導かれながら地獄から生還しようと奮闘する。地獄で高校の軽音部顧問を務める一方ロックバンドを組むハイテンションな赤鬼を「真夜中の弥次さん喜多さん」をはじめ宮藤作品に多数出演する長瀬智也が演じる。また、好きなクラスメイトに告白しようと考えていたところ死んでしまった高校生に「バクマン。」「桐島、部活やめるってよ」の神木隆之介が扮し、劇中でギター演奏や歌声を披露する。
    70
  • Zアイランド

    制作年: 2015
    「ゼブラーマン」「獅子王たちの夏」など数多くの作品に出演してきた俳優・哀川翔が2014年に芸能生活30周年を迎えたのを記念し制作されたパニック・アクション。ヤクザの元組長が家出した弟分の娘を追ってある孤島に来たところ、その島に敵対していた組も偶然来た上にゾンビが大量に発生する。哀川は、抗争がもとで組を解散した義理固い元組長を演じている。ほか、「愛の新世界」の鈴木砂羽、「翔んだカップル」の鶴見辰吾、芸人の木村祐一や宮川大輔、音楽グループ『湘南乃風』のRED RICEら多彩な出演陣が揃い踏み。監督はお笑いコンビ『品川庄司』として活躍する一方、「サンブンノイチ」「ドロップ」など次々に映画作品を発表する品川ヒロシ。
  • 愛を歌うより俺に溺れろ!

    制作年: 2012
    累計1000万部を突破した新條まゆの大人気コミックを、人気上昇中のK-POPグループ“大国男児”のカラムと「愛と誠」の大野いとの共演で映画化。バンド活動に打ち込む美少年のような女子高生と、美少女のような男子高校生の恋と音楽活動の行方を描くラブコメディ。監督は、舞台を始め、様々な分野で才能を発揮する福山桜子。
    80

今日は映画何の日?

注目記事