シェリル・キャンベル

  • 出身地:イギリス、セイント・アルバンス
  • 生年月日:不詳

略歴 / Brief history

父はBOACのパイロット。セイント・アルバンス・グラマー・スクールを卒業。3年間、LAMDAに学び、優秀な成績を修めた。TV、芝居で活躍し、79年度の最優秀TV女優に選ばれた。79年の “McVicar” で映画デビュー。「炎のランナー」(81)では神の栄光のために走ったリデル選手の妹に扮して、出番は少ないが印象を残した。TVは「ルース・レンデル・ミステリーウェクスフォード警部シリーズ」(89)などに出演。

シェリル・キャンベルの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • グレイストーク 類人猿の王者 ターザンの伝説

    制作年: 1983
    1912年に発表されたエドガー・ライス・バローズの『類人猿ターザン』を忠実に映画化したターザン映画。製作・監督は「炎のランナー」で81年のアカデミー作品賞を独得したヒュー・ハドソン。共同製作はスタンリー・S・カンター、脚本はマイケル・オースティンとP・H・ヴァザック(ロバート・タウンの別名)、撮影はジョン・オルコット、音楽はジョン・スコット、プロダクション・デザイナーはスチュアート・クレイグ、編集はアン・V・コーツ、特殊メイクアップと猿の縫いぐるみ制作はリック・べイカーが担当。出演はクリストファー・ランバート、アンディ・マクドウェル、サー・ラルフ・リチャードソン、イアン・ホルム、ジェームズ・フォックス、シェリル・キャンべル、イアン・チャールソン、ニコラス・ファレルなど。
    80
  • 炎のランナー

    制作年: 1981
    1924年のパリ・オリンピックに出場した二人のイギリス青年を描く。実話の映画化。製作はデイヴィッド・パトナム、製作指揮はドディ・フェイド、監督はCM出身で、これが第一作になるヒュー・ハドソン。脚本はコリン・ウェランド、撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はヴァンゲリスが担当。出演はベン・クロス、イアン・チャールソン、シェリル・キャンベル、アリス・クリージャ、イアン・ホルムなど。原題はウィリアム・ブレイクの詩『エルサレム』から取られている。
    92
  • ミシガン・チェーンキラー

    制作年: 2005
    残忍な殺人鬼が人々を襲うアクションホラー。大学の教授の計らいで人里離れた離島のコテージにやって来たニコールたち。先発隊と合流するはずが、コテージにいたのは仮眠中のマークだけだった。捜索を開始した一行は、皮膚の一部と血痕を発見し…。【スタッフ&キャスト】監督:マット・カンチュ 製作:ボブ・ブラウン 脚本:ランス・カワス 撮影:アンソニー・スパイク・シムズ 出演:スコット・ビッカリオス/シャンティ・ローリイ/メリッサ・シューマン/シェリル・キャンベル