麻生久美子 アソウクミコ

  • 出身地:千葉県山武郡山武町(現・山武市)出身
  • 生年月日:1978/06/17

略歴 / Brief history

千葉県山武郡山武町(現・山武市)出身。本名・伊賀久美子(旧姓・平丸)。履歴書を現在の所属事務所に送ったことがきっかけで、1995 年、第6回全国女子高生制服コレクションのグランプリを受賞。同年、俳優・哀川翔が監督した「BAD GUY BEACH」で映画デビューを果たす。96 年にはTBS『君と出逢ってから』でドラマ初出演。映画では96 年の「7月7日、晴れ」、97 年に「猫の息子」に出演。翌98 年に、第51 回カンヌ国際映画祭の特別招待作品にもなった今村昌平監督の「カンゾー先生」のヒロインに抜擢される。昭和20 年の岡山の港町を舞台に、風変りな町医者“ カンゾー先生”(柄本明)に看護婦として雇われた少女・万波ソノ子役を演じる。大胆なヌードや濡れ場を披露しながらも、おおらかで生命力にあふれた少女像が鮮烈な印象を残し、報知映画賞の最優秀助演女優賞、日本映画批評家大賞の最優秀新人賞を受賞するほか、日本アカデミー賞では新人俳優賞に加えて史上最年少で最優秀助演女優賞に輝いた。翌99 年に黒沢清監督の「ニンゲン合格」、00 年には「リング0・バースデイ」に出演。同年の行定勲監督「ひまわり」では、心に孤独を抱えたまま海難事故で行方不明になったヒロインを存在感たっぷりに演じ、映画初主演を飾る。翌01 年には再び黒沢と組んだホラー「回路」と行定の「贅沢な骨」の二作品で主演をつとめるほか、相米慎二監督の遺作となった「風花」にも出演。また中野裕之監督「Stereo Future」「RED SHADOW /赤影」、瀬々敬久監督「RUSH !」も公開。同年の日本映画プロフェッショナル大賞で主演女優賞を受賞した。02 年には柳美里の自伝的小説の映画化「命」、中田秀夫監督「ラストシーン」に出演。03 年の平山秀行監督「魔界転生」では妖艶な悪女、田口トモロヲ監督「アイデン&ティティ」では主人公を支えるマドンナ役に扮し、多彩な演技を見せる。04 年は紀里谷和明監督の「CASSHERN」のヒロイン・ルナ役をはじめ、犬童一心「伝説のワニ・ジェイク」、三池崇「ゼブラーマン」、「丹下左膳・百万両の壺」、「青い車」など出演作が相次ぐ。また04 年の「eiko」、翌05 年の「ハサミ男」では主演をつとめる。テレビでは04 年のNHK 大河ドラマ『新撰組!』で坂本龍馬の妻・おりょう役を演じている。06 年、三木聡らが脚本・演出を手掛けたテレビ朝日の深夜ドラマ『時効警察』で、主人公・霧山(オダギリジョー)の捜査に付き合わされる婦人警官・三日月しずか役に扮する。このやや妄想癖の強いユニークなキャラクターが人気を博し、コメディエンヌとしての新境地を開拓。07 年には続編『帰ってきた時効警察』も放送され、新たな魅力がお茶の間にも広まった。同年公開の三木聡監督の映画「転々」にも三日月しずか役で登場している。ほか06 年に三谷幸喜監督「THE 有頂天ホテル」や土井裕 監督「涙そうそう」にも出演。07 年には佐々部清監督「夕凪の街・桜の国」で主演。原爆投下から13 年後の広島で、自分が生き残ったことに罪悪感を感じながら生きてきた女性の感情を繊細に表現し、毎日映画コンクール、報知映画賞、ブルーリボン賞の主演女優賞を受賞。同年には塩田明彦監督の「どろろ」、中田秀夫監督の「怪談」にも出演。同年12月にはスタイリストの伊賀大介と結婚している。08 年、イランのアボルファズル・ジャリリ監督の「ハーフェズ・ペルシャの詩」のヒロインに選ばれる。主人公の詩人と恋に落ちる宗教家の令嬢を演じ、海外にも進出。同年の北野武監督「アキレスと亀」の売れない画家の心の支えとなる女性・幸子役や、吉田恵輔監督の「純喫茶磯辺」での頭も尻も軽いがどこか憎めないウエイトレス役など、シリアスからコメディまでオールマイティに活躍。ほか08 年には『時効警察』でも共演した岩松了の監督作「たみおのしあわせ」、荻生田宏治監督「コドモのコドモ」、「ぼくたちと駐在さんの700 日戦争」などに出演。翌09 年には主演映画が2 本公開。三木聡監督「インスタント沼」でジリ貧OL をコミカルに、熊沢尚人監督の「おと・な・り」では、恋と夢に揺れる等身大の女性像をリアルに演じ、若い女性の共感を呼んだ。ほか横浜聡子「ウルトラミラクルラブストーリー」、ケラリーノ・サンドロヴィッチ「罪とか罰とか」で助演。同年には岩松了作・演出の『マレーヒルの幻影』で主演し、初舞台を踏む。10 年には原恵一監督のアニメ「カラフル」で声優にも挑戦。ほか出演作に映画「シーサイド・モーテル」10、テレビドラマにNHK『チェイス・国税査察官』10、舞台では長塚圭史演出の朗読劇『スプーンフェイス・スタインバーグ』10 がある。佐々部清監督「日輪の遺産」11 が公開待機中。

麻生久美子の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ラストマイル

    制作年: 2024
    人気ドラマ『アンナチュラル』『MIU404』と同じ世界線で、物流センターを舞台に連続爆破事件を描いたサスペンス。大規模セールが行われるブラックフライデーの前夜、某ショッピングサイトの関東センターから配送された箱が爆発し、連続爆破事件へと発展する。『アンナチュラル』『MIU404』の塚原あゆ子監督と脚本家・野木亜紀子が、再びタッグを組む。世界的ショッピングサイトの関東センター長・舟渡エレナを「海辺の生と死」の満島ひかりが、同センターのチームマネージャー・梨本孔を「ゴールド・ボーイ」の岡田将生が演じ、『アンナチュラル』の石原さとみ、『MIU404』の綾野剛&星野源といった、『アンナチュラル』『MIU404』のキャスト総勢16名が集結。
  • FLY! フライ!

    制作年: 2023
    「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ」でアカデミー賞長編アニメ部門候補になったバンジャマン・レネールが、「ミニオンズ」のイルミネーションスタジオとのタッグで贈るアニメーション。住み慣れた地を離れ、初の引っ越しに挑むカモの一家の大冒険。日本語吹替版のキャストは、『VIVANT』の堺雅人、「高野豆腐店の春」の麻生久美子、「カラオケ行こ!」のヒコロヒー。
  • 高野豆腐店の春

    制作年: 2023
    尾道を舞台に、昔ながらの小さな豆腐店を営む父と娘の心の機微を綴るヒューマンドラマ。職人気質な高野辰雄と娘・春の二人三脚で、こだわりの大豆から豆腐を作る毎日。常連さんや仲間たちとの和やかな時間を過ごすふたりだったが、それぞれに新しい出会いが訪れる。出演は「龍三と七人の子分たち」の藤竜也、「モテキ」の麻生久美子、「風に立つライオン」の中村久美。監督は「村の写真集」「しあわせのかおり」に続き、藤竜也と3度目のタッグを組む三原光尋。
  • 有り、触れた、未来

    制作年: 2023
    東日本大震災の体験記『生かされて生きる-震災を語り継ぐ-』を原案に「九月の恋と出会うまで」の山本透監督が映画化。震災から10年後の宮城を舞台に、災害で家族を失い自殺願望を抱く少女、娘の結婚式への出席を望む末期癌女性など5つの物語が交錯する群像劇。出演は「焼肉ドラゴン」の桜庭ななみ、本作で映画デビューを飾る碧山さえ、鶴丸愛莉。2023年3月3日より宮城県先行上映。
  • かがみの孤城

    制作年: 2022
    2018年本屋大賞を受賞し、累計発行部数160万部を突破した辻村深月の同名のファンタジーミステリー小説を劇場アニメ化。中学生の少女・こころが、いつしか鏡の中に吸い込まれ、不思議なお城で6人の中学生と共に、どんな願いも叶うという不思議な鍵を探す物語。果たして鍵は見つかるのか、なぜ7人が集められたのか……。〈人に言えない願い〉を抱えた7人が心を通わせ、すべての謎が明らかになるとき、想像を超える奇跡が待ち受ける。監督は「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」などを手掛けた原恵一。主人公の声優にはオーディションを勝ち抜いた當真あみ。その他、北村匠海、吉柳咲良、板垣李光人、横溝菜帆、高山みなみ、梶裕貴、芦田愛菜、宮崎あおいなどの声優陣が揃った。
  • はい、泳げません

    制作年: 2022
    ノンフィクション作家、高橋秀実による同名エッセーを、長谷川博己&綾瀬はるか共演で映画化。大学で哲学を教える小鳥遊雄司は、泳げない。ある日、ひょんなことから水泳教室を訪れるが、そのプールの受付で強引に入会を勧めてきたのが水泳コーチ・薄原静香だった。監督は「舟を編む」の脚本を担当、「プリズン13」などの監督を務めた渡辺謙作。